第8章 五百弟子授記品 生得の仏性を開く その1


鏡
法華経は自分を美しく写しだします。(写真はイメージ)


鏡に写る自分の姿は?


さあ~法華経の第8章に入ります! これからがいよいよ凄くなりますよ !(^^)!


◎必死の説法…布教の信念

この品では、富楼那(ふるな)をはじめとして1200人の声聞が将来必ず仏になれるということ(授記)を許されることを説く。
1200人の弟子たちが将来仏になれるという約束を受けるのに「五百弟子授記品」とはおかしいと思われるが、実は1200人の弟子の中でまず500人が授記され、その500人の弟子は「衣裏の珠(えりのしゅ)」の喩えを説いて感謝の気持ちを表したので、特に「五百弟子授記品」と名付けられたのである。500人とは数多くの弟子という意味に取っておけば良い。

富楼那は仏の十代弟子の一人で、説法第一の人と称せられた。

能弁であっただけでなく、人々に仏の教えを理解してもらいたいという情熱を持って教えを説く人であった。

仏が長いあいだ説法の訓練を経て、初めて各地へ伝導のために各地へ派遣しようとした。

その時富楼那は、ユルナという国で教えを説きたいと仏に願い出た。

仏は、「ユルナの国の人は大変凶悪で、乱暴で人を罵るが、もし、罵られて教えを聞かなかったらどうするか?」

富楼那は、「罵られても、石で打ったとしても、刀できがいを加えることはしないでしょう」と答えた。

仏はさらに、「もし殺されたらどうするか」

と尋ねると富楼那は、「いずれ朽ち果てる自分の身が殺されても教えのためならかまいません。」

仏は富楼那のその言葉を聞かれ、「それだけの決心があれば、ユルナ国にいって教えを広めなさい。」といった。

富楼那は不惜身命(ふしゃくしんみょう)の決意を説法に託したのであった。

法を人に解くのは人を救うことであるという堅固な意志がなければ、伝導布教もできないのである


続きは次回…


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  



テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

第8章 五百弟子授記品 生得の仏性を開く その2



天狗
己の愚かさに早く気づきましょう。


天狗の霊域は、俺が一番!!何でも一番でないと力ずくでも相手をねじ伏せます。

やたらめったら、プライドだけが高く自己中で生きてるレベルです。

神霊世界も上目線で見る人です ( ;∀;)


私も気をつけて精進しています!


◎富楼那(ふるな)の修行(その1)

仏は大勢の人に言った。

「富楼那はいつも人々に教えを説き、救うために一生懸命に努力しています。この人ほど弁の立つ人は如来以外いないのです。富楼那は仏の教えを広めるだけでなく、ずっと昔から九十億の仏の下においても説法が一番上手でした。また諸仏がお説きになられる空(くう)の教えもよくわかり、四無礙智(しむげち)を得ていました」と。

四無礙智とは、四無礙弁(しむげべん)ともいわれるもので、無礙とはさわりのないこと。

自由自在に表現できる説法の能力を四無礙弁という

四無礙弁とは、

(1)法無礙(ほうむげ)…教えについてどんなことでも正しく知っていることである。
(2)義無礙(ぎむげ)…教えの表す意義を知っていることである
(3)辞無礙(じむげ)…あらゆる言葉に通じ地方の方言を用いても教えを自由に説くことができることである
(4)楽説無礙(ぎょうせつむげ)…上に述べた三通りのことをふまえて、自由自在に教えを衆生に対して説き明かすこと。

真に自由な説法とは説く人も聴く人もひとつになりきり、ただ説法があるだけになる。

それは、無心にて法を説く事である。

真理の声だけが真の実在である


続きは次回…


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  



テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

第8章 五百弟子授記品 生得の仏性を開く その3



鷹
能ある鷹は爪を隠す (写真は参照)


※優れた能力の持ち主は、それを他人にひけらかしたりはしないということ。



◎富楼那の修行(その2)

富楼那の説法は四無礙智(しむげち)を得て法を説いていたため、最もすぐれた説法をする人であるという高い評価を得られたのである。

人々から賞賛されるから法を説くのではない。名声をあげることができるから法を説くのでもない。報酬を得るために法を説くのでもない。ただ法の為に、真理のために法を説くのである。

どんな迫害や危害を受けてもまったく動ずることなく勇猛に法を説けたのは日蓮聖人であった。

富楼那は立派な悟りを得ていたわけであるが、当時の人々は富楼那は声聞だと思っていた。

富楼那は方便を用い「私もまだ皆さんと同じように未熟なものです」と言いながら共に仏になる道を模索していたのである。

富楼那は説法の第一人者であり、精進努力の人でもあった。そのため。菩薩としての行いがすっかり身につくようになり、この世界において仏になることを仏に約束された。

富楼那は法名如来という仏になる

続きは次回…


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  



第8章 五百弟子授記品 生得の仏性を開く その4



俺は何でも知っている
私は何でも知っている!


驕り高ぶっている人は本物の法華経とは出会うことできません。

増上慢が、己の成長をストップさせます!


◎人天交接(じんでんこうしょう)とは

法名如来となった富楼那は、無限に広い世界仏国土にしようとして教えを広めていった。

正しい仏の教えを聞けば人の心は仏心となる

仏心となればお互いに慈しむようになる

すると、この人たちの住む国土は仏国土となる。

経文はその世界の人々のことを

「人天交接して、両(ふた)つながら相見ることを得ん。」 と説いている。

 その国土は手の掌(たなごころ)のように平坦で、七宝で飾られ、山はなく、七宝つくりの家が充ち満ちているであろう。

神の楼閣が虚空に建ち並び、神々も人間を見るであろうし、人間も神々を見るであろう。

しかし、鳩摩羅什(くまらじゅう)の訳では「人天交接」という訳になっている。

人間界のものと天上界のものが互いに心と心が通い合って両者共に仏の教えに帰依することをいったものである

続きは次回…


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  



テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

第8章 五百弟子授記品 生得の仏性を開く その5



普賢菩薩2
法華経の結経

仏説観普賢菩薩行法経に菩薩行を完成させる教えが書かれています。


◎法喜食とは…大いなる喜び

この国土の人は心が立派であり、それが顔の形に現れてくる。

32相という立派な徳相をそなえた顔になってくる。

この人たちは食事が普通の人たちとは異なり、法喜(ほうき)食と禅悦(ぜんねつ)食を食べている。

法喜食とは法の喜びを持って食とすることであり、禅悦食とは、禅定(心の安らぎ、静けさ)によって得られた喜びである。

人間は食物を取らなければ肉体を養うことができないのと同じように、精神の食事となるのがこの二つの食である。

お経の教えをただ頭で理解しただけでは、本当にわかったことにはならない。

次にはこの尊い教えを実行することが大切である。

例えば、毎朝読経をしてみる。とにかく実行してみることである。

法喜は理論であり、禅悦は実行である。

実行することによって本当の意味がわかってくる。

この法喜・禅悦の喜びが沸き起こって来る人こそ、菩薩である。

この菩薩は優れた神通力や、智慧をそなえることができる。

そして、まだ救われていない声聞たちを救おうとする

こういう心の豊かな菩薩がたくさんいる国を「善浄国」といい、その時代を「宝明(ほうみょう)」という。

続きは次回…


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  




テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

第8章 五百弟子授記品 生得の仏性を開く その6



大欲に生きる
大欲で生きましょう。



◎菩薩の心を秘(かく)す

世間一般の人は少欲、懈怠のものである。

人間の欲望でなかで、一番大きな欲望は仏になって人々を救おうという欲心である

これは、大欲とも言ってもよいし、清らかな欲心であるから、清浄欲と言ってもよい。

一般人は、金銭欲、出世欲、名誉欲、性欲などをある程度満たせばそれでよいとする。

すなわち、大部分の人は少欲に生きるのである。そして、懈怠であるのも大部分の人がそうである。

普段に物事を継続することはなかなかできない。人間の本性は怠けるようにできているのである。

こういう世間一般の人たちに対して、お前たちは駄目である、低級であるというように、見下した考えでお説教しても決して効果があがるものではない。

そういう人たちの気持ちの中に深く入り込んで、自分も皆さんと同じように怠け心を持った人間ですよと言って安心させて導く必要があるのである。

本当は高い菩薩の境地をすでに得ているのであるが、それを心の奥に深く隠して、少欲,懈怠の人たちに一緒になって低い教えを説いてゆく。

すると、人々は段々とこちらを向いてくれ、説法を聞いてくれるのである。


続きは次回…


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  




テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

第8章 五百弟子授記品 生得の仏性を開く その7



懺悔文
懺悔文(さんげもん)



◎菩薩の心を秘(かく)す(その2)

少欲懈怠の人達と一緒になって低い教えを説いていくなかで、我々は三つの毒を持っていることを示さなくてはならない。

三つの毒とは貪り(むさぼり)瞋り(いかり)痴さ(おろかさ)をいう。

この貧瞋痴(とんじんち)を三毒という。

「この三毒を誰でも心の中に持っているのですよ。皆さんばかりではなく私も同じです。」

と、自分も声聞程度の人間ですよと言いながら、本当のねらいは皆の境地を菩薩の心に高めることである。

少欲懈怠の者たちも、説法者が自分と同じようなものだと考えると、言うことを聞くようになる。

そのうち菩薩の心を理解し、自分だけの幸福を願うのではなく、他の人と共に生き他の人々の心を佛の心に高めようという願いを持って生きられるようになる

内に菩薩の行を秘(かく)し外に是れ声聞なりと現して」という経文の言葉が「法華経」の教えを宣布するものにいかに重要であるかわかる。


続きは次回…


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  



テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

第8章 五百弟子授記品 生得の仏性を開く その8



霊性
法華経は自分の霊性で読まないと!


頭で理解しようとしても、理解不能の経典です。


◎五百人に授記す

仏が富楼那も将来仏になれるとお説きになると、1200人の阿羅漢は喜び、そして、自分たちにも授記をお許しいただきたいと願った。

仏は1200人の気持ちを察した上で、熱心に修行した憍陳如(きょうじんにょ)6万2000億の佛を供養した後に仏になると授記された。

その時の名前は普明如来である。1200人以外の500人の阿羅漢も同じように悟りを開き仏になり、普明如来になるであろうと言われた。

この仏たちは皆同じように普明と呼ばれ、その佛がまた次の人に授記を与え、次々と佛になれる約束をされるのです。

「迦葉よ、お前は500人の一切の迷いを離れた自在な人を知った。その他の声聞たちも同じ様に悟りを開くことができるでしょう。また、ここにいない者にはお前からよく教えを説いておくように」

この言葉の意味は、世尊が生きていない現代でも、「法華経」を通じて世尊のお言葉を聞くことができるという事を意味している

続きは次回…


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  



テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

第8章 五百弟子授記品 生得の仏性を開く その9



衣裏繋珠
イラストはイメージ


いよいよ法華七喩の五番目の喩え話です。


◎衣裏(えり)の宝珠とは

憍陳如(きょうじんにょ)をはじめとする500人に対する授記がおわると500人の阿羅漢たちは大いなる喜びに満たされた。

500人の阿羅漢たちは自分たちの無智を悔いて自分たちが初めてわかった真理をたとえ話で説明した。
これが「衣裏宝珠の喩え」である。

「世尊よ、喩えて言えば、ある人が親しい人の家にいきご馳走になり、酔っ払ってしまった。そのとき、その友人は用ができて急に外出しなければならないとなったとしましょう。その友人は酔って寝ている友人の着物の裏に、高価な宝珠を縫い付けて出て行きました。友人は酔っていたため何も知りませんでした。目が覚め起き上がって、他国を放浪する生活が続きました。

そのうちお金がなくなり、生活に困ってきました。働いても苦しさは少しも減りません。少しお金が入ればこれで安心だとその日暮で満足していました。

ある日、前に自分に宝珠をくれた友人にたまたま出会いました。
友人は、自分のこのみすぼらしい姿を見て『お前は何と馬鹿なやつではないか。どうして衣食の為にこんなみだらしのない生活をしているのか。自分が昔、おまえさんに安楽な生活をさせてやろうと思い、どんなものでも欲しいものは手に入るように高価な宝珠を着物の裏に縫い付けておいたのだ。
それを売れば大変なお金が手に入るのだ。それをお前は知らないで、自分で苦しんでわずかな生活費を得ている。
何とおろかなことではないのか。

着物の裏の宝珠を取り出して売り払い、好きなものを買ったらよい。そうすればいつも思うままの生活ができて、不自由なことは全くなくなるぞ!』
といったのです」と。

この喩えに出てくる「宝珠」とは我々の仏性のことである。
人間がすべて仏性を持っていることは、大乗仏教の根本の考えである。
この「宝珠」を持ってぃることを酔って寝ていなければ、誰でも気づくはずである。

このように、我々の心の中には仏性という素晴らしい宝があるにもかかわらず、目が曇っているためにそれが見えない。そのために一生をむなしく過ごしてしまうのである。

ここに出てくる友人とは、仏のことである。友人が忠告してくれたのは、仏が我々に警鐘うって、酔生夢死から醒めさせてくれたことになる。

続きは次回…


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  




テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

第8章 五百弟子授記品 生得の仏性を開く その10



四弘請願



◎衣裏の宝珠とは(その2)

仏は我々が本来持っている宝物、すなわち仏性を開いてくださる。

我々は自分が持っている仏性に気がつかない。

仏に教えられて初めて、自分はこのような立派な宝物を持っていることに気づくのである

仏が昔菩薩であったとき、我々を教化して、仏の知恵を備えさせたいと思っておられた。しかし、そのことを忘れて、自分だけの小さな悟りの道を求めて、初めて自分はこのような立派な宝物を持っていることに気がつくのである。

五百人の弟子たちは、我々声聞も修行をすれば、実は菩薩になれて仏になれるという約束を授かることができることを知り、大いなる喜びに満たされたのです。

仏は我々に対して「無上の願い」を植えてくれた。

「無上の願い」とは一切の人々を救って仏になる願いである。

この願いには4つある。

衆生無辺誓願度
煩悩無尽誓願断
法門無量誓願学
仏道無上誓願成

この四弘請願(しぐせいがん)は、現在でも全仏教徒によって唱えられている祈りである。


われわれでも仏になって、一切の人々を救えるという希望の火を灯してくれるのが法華経の教えにほかならない。


続きは次回…


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  



テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
訪問者
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR