第21章「如来神力品」その1



如来神力品
「法華経」も、いよいよ終盤に入ります。


◎仏の神力とは(その1)

光が口から発することを始め、さまざまな超能力を説いたのが「如来神力品」であり、この「如来神力品」は「法華経」を理解し実践するうえにおいても、きわめて重要な品なのである。この「如来神力品」が重要であるのは、迹門において説かれた教えも本門において説かれた教えも、結局は一つの教えであり、一致するものであることが説かれているからである。それが十大神力という神力を比喩として説かれているので、「如来神力品」と名付けられているのである。

この「法華経」を世に弘めようと誓ったのは、前にも出てきた「地涌の菩薩」である。この如来神力品においても、冒頭に無数の地涌の菩薩が仏前において一心に合掌して仏に申しあげた。「世尊よ、世尊の分身の方々が教えをいろいろな世界で説いておられるので、私たちもその全ての世界にわたって、「法華経」の教えを説いて、あらゆる人々を救って差し上げよう」と。

なぜ、このように多くの人々を救おうとするのか。それはあまりにも尊い本当の教えを得たので、この教えを自分のものにするために、心からこの教えを信じ繰り返し読みその教えを人のために説きこれを書き写しこれを供養したいからである。

そのとき仏は、文殊師利などの立派な菩薩や、仏教信者の人々や、天、竜など、この世の中で生命をもっているありとあらゆるものの前で、偉大なる神力を現されたのであった。

まず第一には、仏が舌を出したら、その舌が天まで届いた。これはインドの習慣で自分は嘘をつきません、本当のことを言っていますと言う場合に、口から舌を出してそのあかしとするのである。仏が舌を出したのは、自分の説くことは真実であることをすべての人々の前にはっきりと見せるためであった。その舌が天まで届いたということはこの教えが真実であるという証拠になる。

次には仏の身から光が出て、その光がまわりの一切の世界を照らした。仏は全身の毛孔(けあな)から光を発した。獅子座にいた諸仏も長い舌を出し、たくさんの光を発した。釈迦仏も他の無数の諸仏も百千年にわたって光を発していた。自分の出した光も、他の人が出した光もひとつに融けあってゆくことは、仏の教えの真理は誰が考えても真理であることを証明するものである。

次に舌をおさめて謦欬(きょうがい)した。謦欬(きょうがい)というのは咳払いすることである。声を出すことである。心の本当の姿が現れたのが声である。仏の声は仏の御心そのままである。すべての仏が同時に声を出したということは、すべての仏の教えが一つであり真理が一つであることを示している。

次にはともに弾指(たんじ)したのである。弾指というのはやはりインドの習慣で指を丸めて弾くことである。インドでは弾指することは真実の証であり、誓いなのである。また、指を弾くというのは必ず実行するという誓いにもなる。


次回につづく。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


第21章「如来神力品」その2



法華経12
「法華経」が目指す世界とは。


◎仏の神力とは(その2)

同時に発した声と指で弾いた音の二つが十方の世界に届いた。と見るや、大地が震動した。この仏の神力によって、ありとあらゆる人々や生きとし生けるものが獅子座の上に坐っている仏を見ることができた。また、釈迦仏と多宝如来が宝塔の中にいるのも見えた。この光景を見た人々や、生きとし生けるもたちのは大いなる喜びを得て、いまだかつて味わったことのない法楽を得ることができた。

そのとき、虚空の中で大きな声が響いた。その声は次のように言った。無限に遠いところに娑婆という国があり、その国には釈迦牟尼という名の仏がいる。その釈迦牟尼という仏は多くの菩薩のために大乗経の「妙法蓮華経」というお経を説いている。そのお経は「菩薩の法」すなわち菩薩のために説いた教えであり、仏はいつもその教えを法力によって護っている。この教えに心の中から喜んで従わなければならない。お前たちはこの釈迦牟尼仏を礼拝し供養しなければならない、と。以上が天上から聞こえた声なのであった。

これらの人々や生きとし生けるものが、この虚空の中からの声を聴き終わると娑婆世界に向かって合掌して、「南無釈迦牟尼仏、南無釈迦牟尼仏」と唱えた。、娑婆世界は苦しい世界苦難が絶えず耐え忍んで生きる世界なのであるが、その娑婆世界に向かって他の世界の人々がみな合掌して拝んだことに大きな意味がある。この娑婆世界こそが世界の中心になったからである

人々は多くの華や香や瓔珞(ようらく)や、幡(はた)とか天蓋(てんがい)などや、装飾品や宝物などを、はるか彼方の娑婆世界に向かってまいたのであった。まいたものが十方から娑婆世界に集まってきた。それは雲が集まるようであった。まかれたたくさんの物がより集まって一つの大きな帳にかわり、その帳が仏の上をおおった。

このことは娑婆世界に仏教の教えがあまねく弘まったことを意味する。そのとき、ありとあらゆる世界は通じ合って一つになった。汚れた娑婆世界も清らかな浄土もありとあらゆる区別はなくなり、一つの世界となってゆく。そこには迷ったものも悟ったものも、善いものも悪いものもない。それは仏国土であった。理想の世界であった。「法華経」が目指す世界であった。

次回につづく。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


第21章「如来神力品」その3



十種の神力1
十種の神力とは。


◎十種の神力の意味するもの(その1)

以上述べた「如来神力品」における仏が示した超能力については、昔から十種の神力といわれて解釈されているので、ここでもその十種の解釈をあげておく。

(1)出広長舌(すいこうちょうぜつ).......... 仏が舌を出したというのは仏が説く教えが絶対に真実であることをあらわしている。釈迦仏が舌を出すとともに、無数の他の仏も舌を出したということは、その説くところはただ一つであることをあらわす。これを昔から「二門信一」(にもんしんいつ)とする。二門とは「法華経」の前半分の「迹門」(しゃくもん)と後の半分の「本門」(ほんもん)である。迹門は一代にわたって生きられた釈尊の教えを説いたもの、本門は久遠(くおん)の本仏の教えを説いたものといわれている。

(2)毛孔放光(もうくほうこう).............. 一切の毛穴より光を放つというのがそれである。光は絶対の真理の喩(たと)えである。光を放つことを昔から「二門理一」(にもんりいつ)という。本門と迹門の教えによって説かれる真理が一つであることをあらわす。

(3)一時謦欬(いちじきょうがい)........... 声を発することは人々に教えることであり、迹門の教えも、本門の教えも、まったく一つであることをあらわすので「二門教一」(にもんきょういつ)といわれる。相手の能力に応じて教え方はちがうが、教えることの目的は一つであり、帰するところは一つである。一時に声を出したということは、そのことを物語っているのである。

(4)俱共弾指(ぐくたんじ)............... 指で弾くことは約束すること、請けあうことである。皆いっしょに指を弾いたことは、皆が必ず請けあって実行するということになる。迹門の教えも本門の教えも菩薩行を説いており、人のために教えを説くのである。人のために説くことはとりもなおさず自分のためでもある。自と他が一つになりきっていく。これを「二門人一」(にもんじんいつ)という。

(5)六種地動(ろくしゅじどう)............. 地面が動いたことは天地が感動したことで、教えを説く人の心が一切のものに及んでゆくことをいう。その教えの尊さに天地が感動したのである。「二門行一」(にもんきょういつ)といわれるのは、どんな人でもこの教えを実行してゆけば、必ず天地を感動させることができるような浄土を、この世に実現できることを示している。迹門の教えも本門の教えも、ただ一つの菩薩行を実行するための教えなのである。

次回につづく。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


第21章「如来神力品」その4



浄土
この娑婆世界が浄土になるために。


◎十種の神力の意味するもの(その2)

(6)普見大会(ふけんだいえ)............... 十方の世界のありとあらゆるもの、境遇も知識も能力もまったくちがってもたちも、仏の神力によって必ず娑婆世界の仏のすがたを見ることができるということを意味している。どんな人でもこの教えに従って修行すれば、将来においては、同じように教えをほんとうに知ることができることを「未来機一」(みらいきいつ)という。未来においては、ありとあらゆる人々の機根が一致するときがくることをあらわす。すべての人が教えを求める心をもつというのが「未来機一」なのである。

(7)空中唱声(くうちゅうしょうしょう)............... 空中で声が聞こえたことをさす。十方の世界にいる者は、この空中の声を聞いてびっくりした。どんな世界にいる者も、娑婆世界にいる釈迦仏を拝みなさい、という声であったからである。このことは何を示しているか。どんな教えも、どんな国土の人々も未来において信じる教えは一つであることを示している。これを専門語で「未来教一」(みらいきょういつ)というのである。

(8)咸皆帰命(かんかいきみょう)................ 十方世界のものが、みな娑婆世界にいる釈迦仏に合唱し礼拝したということは、どの世界の人々も最後には仏に帰依(きえ)するときがやってくるということである。これを「未来人一」(みらいじんいつ)という。未来においてはどんな人もただ一人の釈迦仏に帰依するようになる。

(9)遥散諸物(ようさんしょもつ)............... 天上界からあらゆる宝や華や香が仏に捧げられたことは、「未来行一」(みらいきょういつ)といい、未来において人々の行いはみな一つになることをあらわす。人間の行いは仏の御心にかなうことを目的として一つになってゆかなければならないというのである。

(10)通一仏土(つういつぶつど)............ 十方世界がお互いに通じあって一つの世界になるというのは、「未来理一」(みらいりいつ)をあらわす。未来においてはありとあらゆる教えは一つに帰着する。その一つの教えは絶対の真理であるからである。娑婆がいやだとか、極楽がいいとかいうことは一切なくなる。

以上述べたことは十の神力といって、「法華経」の経文に即して教理上の解釈をしたのである。こじつけと思われる説明もあるが、要はこの娑婆世界が浄土になるために、仏の教えを信じて実行すべきことを言っている。それではふたたび経文にかえって説明してゆこう。

次回につづく。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


第21章 「如来人力品」その5



天台大師
天台大師が説いた「五重玄義」(ごじゅうげんぎ)とは。


◎この所こそ道場なり (その1)

仏は上行菩薩を始め人々にお告げになられた。「仏の人力はこのように不可思議である。自分はこの神力によってむげんの未来に向かってこのお経の口説くを説こうとしても、到底これを説き尽くすことはできない」と。
この「法華経」の中に説かれていることをひとつにまとめていうと、この経文の中には「如来の一切の所有(あらゆ)る法」と「如来の一切の自在の神力」と「如来の一切の秘要の蔵」と「如来の一切の甚深(じんじん)の事」の四つのことが説かれているという。

「如来の一切の所有る法」 とは仏がお悟りになった一切の内容をいう。法には教え、真理、規範というような意味があるが、ここではそのすべてを含んだ仏の悟りの内容をいうのである。「如来の一切の自在の神力」 とは、絶対の真理を悟られた仏は一切の衆生を救うために、自在の不思議なはたらきをする、それが自在の神力である。どんなところでも、どんな人に対してもそのはたらきをあらわすことができるので自在という。「如来の一切の秘要の蔵」 とは、仏はどんな場合にもどんな人にも教えを説くことができるので、いかなる教えもその胸の中にしまいこまれているというのである。「如来の一切の甚深の事 」とは仏が行なわれた一切の尊い修行のことである。事とは実行してあらわれたものをいう。仏が行われたことの一切である。

以上述べたことのすべてがこの「法華経」の中に説かれている。この「如来神力品」の短い経文を深く解釈したのが天台大師であり、この経文にもとづいて「五重玄義」(ごじゅうげんぎ)ということを説いている。五重玄義とは、妙名(みょうめい)、妙用(みょうゆう)、妙体(みょうたい)、妙宗(みょうしゅう)、妙教(みょうきょう)をいう。

妙名とはもっとも奥深い名のことで「所有(あらゆ)る法」にあたり、絶対の真理の内容をあらわす。妙用とは不思議なはたらきのことで、経文の「自在の神力」にあたる。次の妙体というのは仏がお説きになった内容をいい、経文では「秘要の蔵」という。妙宗とは仏の教えを手本として仰いで実行することである。「甚深(じんじん)の事(じ)」がそれにあたる。最後の妙教とは、「宣示(せんじ)顕説(けんぜつ)」のことで、仏の悟られたものが言葉で現れたものである。

これを五重玄義といい、教学ではむずかしい問題となるが、それはどうでもいいことである。要はこのなかで説かれている教えをしっかりと実行し仏の心を自らの心とすることである。そのために経文では、

是(こ)の故(ゆえ)に汝等(なんだち)、 如来の滅後に於(お)いて、 応当(まさ)に一心に受持(じゅじ)、読誦(どくじゅ)、解説(げせつ)、書写(しょしゃ)し、説(せつ)の如(ごと)く

と説かれる。しかもその修行は一心に行わなければならない


次回につづく。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


第21章 「如来人力品」その6



闇
「法華経」の行者は闇をきりひらく光にならなければならない。


◎この所こそ道場なり (その2)

法華経の教えが弘まっているところ、この教えを信じて修行する者がいるところでは、園の中でも、林の中でも、樹の下でも、寺院の僧房の中でも、在家の人の家でも、あるいはりっぱな殿堂であっても、さらには山谷、広野においてでも、塔を建てて、供養しなければならないと説いている。山の中に入って修行するよりは、街頭に立って一切の人々を救うために教えを弘めるのが本当の「法華経」の行者であるといわれるのは、誤りである。たとえ山谷や広野にあってたった一人で修行しても、その修行が自分の解脱だけではなくて、一切衆生を救うという願心があれば、形はたった一人の修行であっても心は菩薩の心なのである。

「法華経」の教えが信ぜられ、説かれているところを、経文では「是(こ)の処(ところ)は即(すなわち)是(こ)れ道場なり」と言っている。仏が悟りを開いたのは菩提樹の下であり、そこが道場であるが、われわれもまた仏と同じ心をもって修行すればわれわれの家も学校も職場もまたそのまま道場となる。「是の処は即道場なり」と言いきるためには、命がけの修行が必要である。「如来神力品」は以上のところで散文は終わるが、ふたたび偈文(げもん)によって繰り返して教えを説いていく。偈文はほとんど前の散文と同じ内容を説くものであるが、時にその表現ですばらしいものに出会うこともあり、ちがった意味を述べているところもある。繰り返しだからといって、いい加減に読んではならない。たとえば

能(よ)く是(こ)の経を持(たも)たん者は、即(すなわち)ち為(こ)れ己(すで)に我を見、亦(ま)た多宝仏(たほうぶつ)、及び諸(もろもろ)の分身者(ふんじんしゃ)を見、又、我が今日教化(きょうけ)せる諸(もろもろ)の菩薩を見るなり。

と述べているところがある。この「法華経」の教えを自らの心としている者は、仏を見ることができる。仏と心が通いあうことができる。仏のみでなく、多宝仏や仏の分身や菩薩を見ることもできるのである。さらにまた、

能(よ)く是(こ)の経を持(たも)たん者は、諸法(しょほう)の義(ぎ)、名字(みょうじ)及び言辞(ごんじ)に於(お)いて、楽説窮尽(ぎょうせつぐうじん)なきこと、風の空中に於(お)いて一切障礙(いっさいしょうげ)なきが如(ごと)くならん。

とある。「法華経」の教えを信じ修行する者は、いろいろな言葉や文字を自由自在にあやつっても障害がないようになる。しかし、ただ弁舌(べんぜつ)がさわやかになるというのではない。自由自在とは精神の問題なのである。どんな所でもどんな人の前でも、本当に信じていることならば自由自在に説けるはずである。説けないのは、その人自身がよくわかっていないからである。ここに説かれる喩(たと)えがよい。風は空中で動いているが少しも障(さまた)げられることはない。風と空気は同じものだからである。空気の抵抗と風がまったくちがうものであれば、風は自由に動くことができない。「法華経」の教え、すなわち仏の心とそれを説く人の心が一体となっているとき自由自在に語れるのである。ついで次のように説く。

如来の滅後(めつご)に於(お)いて、仏の所説(しょせつ)の経の、因縁(いんねん)及(およ)び次第(しだい)を知って、義(ぎ)に随(したが)って実(じつ)の如く説かん。日月(にちがつ)の光明(こうみよう)の、能(よ)く諸(もろもろ)の幽冥(ゆうみょう)を除(のぞ)くが如く、斯(こ)の人(ひと)世間(せけん)に行(ぎょう)じて、能(よ)く衆生の闇を滅し、無量の菩薩をして、畢竟(ひつきょう)して一乗(いちじょう)に住(じゅう)せしめん。

この経文は日蓮聖人がたいへん重視したところで、聖人はこの経文から「五綱」(ごこう)ということを説いたといわれる。ここでは省略するが、「五綱」とは経(きょう)、機(き)、時(じ)、国(こく)、序(じょ)、(経法流布前後)の五つをいう。如来の滅後にこの教えを説けば、日月(にちがつ)の光明が闇を除くように、衆生の闇を滅し、すべての人々に一乗の教えを弘めることができるというのが、この経文の意味である。われわれの闇の世界を光明が照らす。真実の教えを説くとき、口から光が発するのではなくてはほんものではない。「法華経」の行者は闇をきりひらく光にならなければならない


次回から第22章 嘱累品(ぞくるいほん)に入ります。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
訪問者
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
今日の時事英語
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR