第6章 授記品 仏性を開かせる教え その1



授記品1
信じればこそ仏も力を与えてくれます


信じてくれなくては、西方浄土の阿弥陀様も救いようがないです (-_-)


◎授記とは…仏になる

仏が弟子に未来には必ず仏になれるという保証を与えることを授記という

この章では、迦葉、須菩提、迦旃延、目蓮の四人の弟子に授記が与えらることが説かれる。

仏や仏弟子たちに迫害を唱え、地獄に落ちるような大罪を犯した提婆達多でさえも最後には授記している。

仏弟子の中には、能力の優れたものもいれば劣った者もいる。

この「授記品」の中で説く迦葉などの四人は、舎利弗を上根の人とすれば、中根の人であるから、「方便品」で説かれた佛の説法だけでは大乗の教えの真の意味が十分に理解できなかったので、「比喩品」において三界火宅の教えを聞いたり、さらに「薬草喩品」に説かれた喩えを聞いてこの「授記品」において授記されることになる。

さらに、迦葉などよりも能力が劣る富楼那(ふるな)などは、喩えをよく聞いても理解できず、大通智勝仏(だいつうちしょうぶつ)の御事績を聞いて、はじめて授記を得ることができるようになった。


次回に続く。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  



テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

第6章 授記品 仏性を開かせる教え その2



頭でっかち
いくら知性で頭をいっぱいにしても...




法華経は自分の霊性で読まないと理解できません。




◎授記とは…仏になる(その2)

授記品の冒頭は仏弟子の摩訶迦葉が三百万億の仏にお仕えして、最後に仏になることができる、ということから始まる。

「仏になれる」というのと「仏である」というのは、大変な違いがあある。「仏である」というのはいま、現に仏の悟りを開いた人であり、「仏になれる」というのは、、将来の可能性をいう。

「仏になれる」というには、仏になるための修行がその条件になる。人々をすくうための努力の積み重ねをしなければならない。それが「法華経」を解くための条件である

「法華経」に解かれた教えを良く理解し、実践し、人のためになるような利他行をすることでなければならない。

「法華経」を読みさえすれば成仏できるというのは誤った考え方である。

授記を与えられたということは、単に保証されたということではない。

それは、宗教的な確信というか、大いなる自信を得ることになる。


次回に続く。


テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

第6章 授記品 仏性を開かせる教え その3



授3
魔界を仏界に変えるには、「法華経」の教えである菩薩の道を実行すること




◎魔界なし

迦葉が未来に成仏したとき、住する国の名を光徳(こうとく)国といい、名前は、光明如来(こうみょうにょらい)となる。

光徳国は非常に美しく、汚れたものは一切なく、道は平坦で地面には瑠璃(るり)が敷き詰められ、美しい樹が立ち並び道の境には黄金の縄が張り巡らされて美しい花が咲き乱れている。その光徳国には、たくさんの菩薩や声聞がいた。

光徳国では、仏法を妨害することもなく、悪魔たちがいても仏の教えを妨げることなくかえって仏の教えを守っている。悪魔といっても心から悪魔なのではない。たまたま、仏法の正しい教えを知らなかったから悪魔になったにすぎない

魔界も仏界も人間の心一つできまる。魔界を仏界に変えるには、「法華経」の教えである菩薩の道を実行することにある。

どんな悪魔にもその心の奥底には、仏性があることを悟ることが大切である。悪魔や悪魔の家来たちもいつかは、本当の仏性を理解し、仏性を護って行けるようになることを確信しなければならない。

それによって、悪魔に対しても仏法を説こうとする布教の情熱がうまれる。


次回に続く。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  



 

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

第6章 授記品 仏性を開かせる教え その4


鬼子母神
悪神から法華経の守護者に転向した鬼子母神




◎魔界なし

悪魔には二つある。それは、内魔(ないま)と外魔(げま)である。

内魔とは、自分の中に巣くう悪魔であり、外魔とは、外から自分の仏道修行をおびやかす悪魔である。

光徳国に住んでいると、内魔である本能の衝動や、怠け心や嫉妬心などの様々な煩悩が起こってきても、それがかえって道を求める大きな力になる。

また、外魔、すなわち仏道を修行している人や、仏道を弘めようとしている人に対して妨害、誘惑、非難、脅迫を加えようとする者も、この光徳国に住むと、ガラリと態度を変えて仏法の守護者に変わってしまう。

特に悪い人は善にも強いと言われるように仏法を非難し妨害していた人々が悪魔から守護者に転向するのである。

次回に続く。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  



テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

第6章 授記品 仏性を開かせる教え その5



菩薩1
菩薩がいる国は美しい




◎大心(だいしん)を起す

迦葉(かしょう)の授記に続いて、目健連(もくけんれん)、須菩提(しゅぼだい)、摩訶加旋延(まかかせんねん)らが一生懸命に授記を願い出たため、仏は三人の決意を認め、まず、須菩提に「お前さんも仏になれる」とお許しになった。

須菩提が仏になると名相如来(みょうそうにょらい)とよばれた。時代は「有宝(うほう)」といい、その国は「宝生(ほうしょう)」とよばれた。この宝生国も汚れたものは一切なかった。

この須菩提に授記を授ける経文のなかに

「仏の所業にしたがいて漸く(ようやく)大道を具すべし。」

とある。これは、仏が言ったことではなく、実行されたことをそのまま行うことによって、しだいしだいに仏道を体得することができるという。

師の行うことを、そのまま実行することがたいせつである。


彼(か)の国は常に菩薩を持って荘厳せん。

荘厳とは飾ることである。

菩薩がいる国は美しい

菩薩というのは大心を起こす人でなければならぬ

大心とは大いなる志である。大いなる志とは、仏に成ろうとする志である


次回に続く。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  



テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

第6章 授記品 仏性を開かせる教え その6



十大弟子
釈迦尊の十大弟子のなかの大迦旃延は議論第一と称された



◎仏塔を建つとは

つぎに大迦旃延(だいかせんねん)に対する授記が説かれる。

大迦旃延も未来世において仏を供養し、諸仏の滅後に塔廟を建てて、金銀瑠璃などの七宝で飾り、瓔珞、花、香、幡などを供養していけば、仏になることができると…。

仏になった時の名前は閣浮光如来(えんぶこうにょらい)と言われ、その国土は美しい花、頗梨(はり)の土地黄金の縄で飾られていた。

またその国には地獄も餓鬼も畜生も阿修羅もなく、天、人、声聞、菩薩たちだけが住んでいた。


この大迦旃延は仏の十大弟子のなかでは、議論第一と称された人であった。

仏の説かれた事を解釈して説明し、人にわかるように説くことができる能力が議論である。

このようなすぐれた能力を備えていた大迦旃延であったがなかなか仏になれるというお言葉を仏からいただけなかった。

仏説をありのままに理解して人に説けるようになるには、長い間の修行を必要とするのであった


次回に続く。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  



テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

第6章 授記品 仏性を開かせる教え その7



仏塔
高くそびえ建つ仏塔



◎仏塔を建つとは(その2)

迦旃延(かせんねん)の授記(じゅき)にあたって、須菩提(しゅぼだい)の場合と異なるのは、仏塔を建て仏塔に供養することが説かれている点である。

仏塔を建立するのは、仏の恩徳を記念することは当然であるが、それ以上に仏が残された教えを広めるために仏塔を建てるのである

仏の大いなる願いは、どこまでもその教えを広めて世の中の人をひとりでも多く救うことである。この悲願を成就するために仏塔を建てるのである。

仏塔が高くそびえるその下には必ず精舎がある。精舎には、仏僧が住し、仏教の教えを広めるための修行をしている。
人々は仏塔を仰ぎ見て仏の威徳を偲ぶとともに、精舎に住している仏僧から仏の教えを聞くことができる。

「法師品」では、仏の教えを世に広めることが一番大切であることがはっきり説かれている


続きは次回…


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  



テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

第6章 授記品 仏性を開かせる教え その8



神通力
法華経を学ぶと自然と神通力が身につきます


詳細は、第18章 随喜功徳品(ずいきくどくほん)にてご紹介します。


◎目連(もくれん)も救われる

次には目連に対する授記が説かれる。

目連もたくさんの諸仏に供養し、諸仏の滅後には塔廟を建て七宝で飾り、花や香などで供養する。

目連が仏になったときの名前は多摩羅跋栴檀香如来(たまらばつせんだんこうしょらい)と言われその時代は喜満(きまん)と呼ばれた。

その住するところは、「意楽」(いらく)と呼ばれ、ここもまことに素晴らしい浄土であった。

大目犍連(目連)は神通第一の人として知られている

神通とは超能力を備えることである

この神通第一の目連が四人の仏弟子のなかで最後に授記を与えたれたのであった。

目連が有名なのは、盂蘭盆会との関係である…


続きは次回…


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  



テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

第6章 授記品 仏性を開かせる教え その9



地獄絵
人間界での修行を怠ると.....


2013年、あけましておめでとうございます。

今年も白蓮堂ブログ頑張って参ります。 皆様も良い年になりますように。



◎目連と盂蘭盆会(うらぼんえ)

目蓮が有名なのは盂蘭盆会との関係である。

盂蘭盆会(ullambana)とは逆さに吊るされているという意味である。

死後に逆さに吊るされて大変な苦しみを受けている死者を救うために、祭壇を作って三宝に供養するのが盂蘭盆会である

現在では7月15日の中元前後や一月遅れの8月15日前後に先祖の霊を供養する寺院の行事として行われている。

目連尊者が六神通を得て父母を救おうと思い、道眼を持って地獄にいる母を見てみると亡母が餓鬼の姿になって飲食できず、骨と皮になっていた

目連は、悲しんで鉢に飯を盛って母にたむけた。母が右手で鉢を持ち。左手で食べようとするといなや、飯は火となって燃えてしまった。

目連は悲しみのため泣き叫び仏のところに行ってこの事情をのべた。

仏は「お前さんの母の罪は重く、お前さん一人の力ではどうすることもできない。十万衆僧の威神力によって救うしかない。自分が今、その法を説くであろう。」

その法とは、7月15日に、現在の父母、七世の亡き父母のために百味の美味しい食べ物を盆に盛り、十万の大徳、衆僧に供養すれば、過去の父母も、眷属もみな苦しみから逃れることができるという。

このような因縁によって、盂蘭盆会の行事が行われるようになった。


続きは次回…


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  



第6章 授記品 仏性を開かせる教え その10



1.4 2013
今世(こんせ)で出会った親子、夫婦、友人、知人は前世からの因縁です


しかし法華経と出会うことは、大変難しいです。

プラスが大きい分、同じようにマイナスの邪魔する抵抗勢力が大きいためです。



◎宿世の因縁

目連に授記を与えられた仏は、さらに500人に弟子にも未来世において授記を与えることを約束されたのである。

だんだんと修行を積んでいけば、必ず仏になられる人たちであるが、これは過去の世から続いた因縁があることを仏は説かれた。そして「化城喩品」第7の説法に移られるのである。

仏と弟子たちの因縁は無限の過去から永遠の未来まで続いているものであり、授記を受けられるのも過去の宿世において、因縁が深く結ばれていたからである。

そのことを次の「化城喩品」で説くのであるが、この「授記品」はその橋渡しを述べているものである。

何事にも宿世の因縁というものがある。

親子、夫婦、兄弟となったのも宿世の因縁である。仏の教えに出会うことができたのも宿世の因縁である

500人の弟子に対して仏になることを保証した仏は、500人の弟子たちと宿世の因縁を結んでいたことになる。

そして「法華経に出会うことができたこと」も宿世の因縁である。


続きは次回…


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  



テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

第6章 授記品 仏性を開かせる教え その11



乗り越える
どんな困難にぶつかっても、こころが強くないと


時代と共に物質は豊かになっていますが、こころは絶えず不安や悩みが.....

法華経には、どんな困難にぶつかっても、乗り越えられるだけの知恵が書かれています。


◎仏になる道

この「授記品」において、仏が迦葉や須菩提たちに授記を与えたとき、必ず仏弟子たちが仏になった時の名前と、その国土のことを述べ、最後にその仏の寿命と正法と像法とが存在する時間ついて述べている。

それは、人間の想像力を超えた測定できない長い時間である

仏の寿命は、十二小劫という無限の時間である。

たとえ、仏がなくなっても、教えが行われる時期を、正法像法末法3つに分けられる。

正法時というのは教えが正しく行われ、悟りを開くことができる時期であり、像法時はまだ正法時に似た時期であり、教えが行われるが、悟りを開く者が少なくなる時期である。

末法時とは、仏法が衰える時期のことであるが、正法二十小劫、像法二十小劫、という簡単に言えば無限に未来までも仏の教えが伝えられさらにその教えを実行して佛になれるという人が現れることをいうのである

仏弟子たちが未来において仏になった場合、その仏の生命もまた無限であり、仏の教えを実行したものが仏になり、その仏の教えを聞きさらに実行したものも仏になるとは、仏の教えが永遠に滅びないことを意味している


続きは次回…


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  



テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

第6章 授記品 仏性を開かせる教え その12



仏様2
今世(こんせ)は願ってもないチャンスです。(写真はイメージです)


仏性を開花させましょう (~_~)


◎繰り返し説くとは…

この「授記品」だけでなく「法華経」のどこを拝読してもそうであるが、長行(散文の部分)と偈文(げもん)の部分はほとんど同じことが繰り返し説かれている。

経文と言うのはなぜ繰り返し説くのかじっくり考えてみなくてはならない。

「授記品」でいえば、それぞれが仏になったときに住する理想の国土の姿が繰り返し説かれている。

仏は何としてもこの理想国の姿を我々に伝えたいという大いなる慈悲心をもっておられ、繰り返して説くのはそれをわからしめるためである

我々は繰り返し経文を拝読することによってその教えが自分の身についてくる頭で理解するだけでではけっして身に付かない

「授記品」ではすぐれた弟子たちも長い間修行すれば必ず仏になれることが明らかになったがこのことは、四人の仏弟子だけとは限らない。

我々もまた宿世の因縁によって、「法華経」と出会うことができ、仏の教えを学ぶことができることを明らかにしている。

我々の心の中には仏性、すなわち仏になりうる可能性が秘められている

ただ宿世の因縁がなかったために、その仏性が花開くことがなかった

しかし、「授記品」の教えによってわれわれもまた未来世においてこの仏性を開かせて仏になることができることを知ったのである。

第6章終わり。

次回は第7章 化城喩品(けじょうゆほん)に入ります。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  



テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
訪問者
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR