第13章 勧持品(かんじほん)その1



(法華経から抜粋)

爾の時に薬王菩薩摩訶薩及び大楽説菩薩摩訶薩、二万の菩薩眷属と倶に、皆仏前に於て是の誓言を作さく、
 唯願わくは世尊、以て慮いしたもうべからず。我等仏の滅後に於て当に此の経典を奉持し読誦し説きたてまつるべし。後の悪世の衆生は善根転た少くして増上慢多く、利供養を貧り、不善根を増し、解脱を遠離せん。教化すべきこと難しと雖も、我等当に大忍力を起して、此の経を読誦し持説し書写し、種々に供養して身命を惜まざるべし。 

爾の時に衆中の五百の阿羅漢受記を得たる者、仏に白して言さく、世尊、我等亦自ら誓願すらく、異の国土に於て広く此の経を説かん、復学無学八千人の受記を得たる者あり。座より而も起って合掌し仏に向いたてまつりて、是の誓言を作さく、
 世尊、我等亦当に他の国土に於て広く此の経を説くべし。所以は何ん、是の娑婆国の中は人弊悪多く、増上慢を懐き功徳浅薄に、瞋濁諂曲にして心不実なるが故に。 .............................


◎肉親を救う

前の「提婆達多品」では悪人成仏と女人成仏が説かれたが、この「勧持品」では「法華経」の教えを信じる人々がどんなに迫害を受けても屈することなく、教えを広める覚悟が説かれる。

「勧持品」の勧持というのは「法華経を受持(受持)することを勧めるという意味である。「受持」の受とは法華経の教えを信ずることであり、「持」とはその信仰をを長く持ち続けて変わることがないことである。ただ深く信仰しただけではだめであって、その信仰を保持し永続させることが大切である。

さらにその信仰は自分だけが持っているのではなく、多くの人に広めなければならない

この「勧持品」では、教えを勧めよ、と直接に仏が説いておらず、教えを聞いている人々の中から、それぞれの決心を述べる形になりその決心を聞くことによってどうしてもこの教えを人々に広めなければならないという気持ちが自然に起こるようになっている。

続きは次回…

法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


   
プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
訪問者
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
今日の時事英語
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR