日蓮聖人の教え その2



2017 7 30

信じるということは、非常に難しい修行です。



※法華経の第一人者は、何といっても日蓮聖人です。法華経に生きた日蓮聖人の教えを紹介します。


夫(そ)れ仏道に入る根本は
信をもって本(もと)とす。

(法華題目抄)


訳、そもそも、仏の教えを学ぼうと思ったたら、「信じる」 ことが根本となります。


◎仏道を信ずる」とは?

宗教は例外なく「」からスタートします。「信じるということは難しく、人を信じて裏切られた経験をされた方も多いことでしょう。「信」には、「真実」「任せる」「明らかにする」「信仰」などの意味があります。

「信をもって根本にする」ことの意味には深いものがあり、単に「お任せします」という姿勢ではありません。「仏道とは宇宙と人生の真実.真理を明らかにする道である」ことを確信し真実.真理をどこまでも究明していく姿勢が伴わなければなりません

そのためには「清らかな心」が必要条件です。「嘘か真(まこと)かわからないが、ともかく話に乗ってみよう」などという浅はかな姿勢では、だまされるのがオチといえます。釈尊の究極の境地を信頼しそれを目指してどこまでも真摯(しんし)に進んでいくことが求められます。 (知識ゼロからの日蓮入門 渡辺宝陽著、参照)


追記、仏道に、依頼心、欲望を持っての「信」では、間違った道に進んでしまいます。釈尊の究極の境地を信頼して、私たちも進みましょう。 (西洲)


次回につづく。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


法華経の守護神 その3(八大龍王)



2017 7 23

絶大なパワーを持つ龍神たち。八大龍王はしっかりと法華経の行者を守護します!


※仏教の経典の中でも「法華経」は最上最勝のものといわれ、仏、菩薩をはじめ天部の神々は、「法華経」を護持(ごじ)する者を必ず守るものであり、また守らなくてはならないという定めがある。というのは、「法華経」が説かれた霊山会(りょうぜんえ)において、十方(じっぽう)、三世(さんぜ)の諸仏、菩薩、諸天が「法華経」の行者を守護する誓いを立てているためです

◎八大龍王(はちだいりゅうおう) ..................... 地底界を統治する聖なる蛇神たち

※法華経の会座(えざ)に列した八龍王

八大龍王は「観音経」でおなじみの天龍八部衆の一つで、「法華経」守護の神として有名です。もっとも、インドにおける龍というのは、中国の龍とは違っている。実は、サンスクリット語の「ナーガ」を漢訳するにあたって「龍」と訳したのであるが、インドにおいてナーガというのは、頸部(けいぶ)に頭巾(ずきん)状のふくらみを持つ蛇、つまりコブラのことである。ナーガ族つまり蛇族は、様々の魔族(まぞく)が住むパータラという地底界の第七の世界に居住しており、それを統治しているのが八大龍王なのだ。龍王たちは、非常に強大な力を持ち、頭につけた宝石の輝きでパータラ全域を照らすのだという。

「法華経」序品(じょほん)には、法華経説法の会座(えざ)にこの八大龍王が参列したことが記され、その名が挙げられている。
難陀(なんだ)龍王、跋難陀(ばつなんだ)龍王、娑伽羅(しゃから)龍王、和修吉(わしゅきつ)龍王、徳叉迦(とくしゃか)龍王、阿那婆達多(あなばだった)龍王、摩那斯(まなし)龍王、優鉢羅(うはつら)龍王の八龍王である。

難陀(なんだ)龍王は.......... 歓喜(かんぎ)と訳され、護法龍神の代表格である。

跋難陀(ばつなんだ)龍王は....... 亜歓喜(あかんぎ)と訳される難陀龍王の弟。

娑伽羅(しゃから)龍王は........ 海(かい)と訳され、請雨法(しょううほう)の本尊とされており、有名な「法華経」提婆達多品(だいばだったほん)に出てくる8歳の龍女がこの龍王の娘である。

和修吉(わしゅきつ)龍王は.......... 多頭(たず)と訳される。いわゆる九頭龍(くずりゅう)のこと。

徳叉迦(とくしゃか)龍王は.......... 多舌(たぜつ)、現毒(げんどく)などと訳され、この怒りをかい、睨(にら)みつけられると、たちまち命を失うという。

阿那婆達多(あなばだった)龍王は....... 無熱悩(むねつのう)と訳され、雪山頂(せつざんちょう)の池に住み、四大河を創出して人間界をうるおすという。

摩那斯(まなし)龍王は ........ 大意(だいい)、大力(だいりき)などと訳され、威徳(いとく)のある龍王とされる。

優鉢羅(うはつら)龍王は ..... 青蓮花(しょうれんげ)と訳され、青蓮華池に住むといわれている。

ちなみに、かつて日蓮聖人が沼津で八大龍王の感応(かんのう)供養を受けた縁で、妙海寺(みょうかいじ)という寺ができたとされている。


追記、和修吉(わしゅきつ)龍王(九頭龍)は、箱根の芦ノ湖に住まわれ国家安泰や日本経済を守護する龍神として絶大なパワーを持たれています。他の龍王たちも、法華経の行者には、万全の守護をしていただけます。 (西洲)


次回につづく。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


日蓮聖人の教え その1



2017 7 16

幾度の法難(災難)にも法華経の神通力により、難を逃れた 日蓮聖人。



※法華経の第一人者は、何といっても日蓮聖人です。法華経に生きた日蓮聖人の教えを紹介します。


なによりもうけがたき人身、値(あ)いがたき仏法に値へて候に、
五尺の身に一尺の面(かお)あり。その面の中、三寸の眼(まなこ)二つあり。
一歳より六十に及んで多くの物を見る中に、悦(よろこ)ばしき事は
法華最第一の経文なり
。(慈覚大師の事)


訳、人に生まれることはどんなことよりも難しく、仏法に出会うことも難しいのです。われわれの五尺(約1m50㎝)の身体には一尺(約30㎝)の顔があり、その顔には三寸(9㎝)の眼が二つあります。この世に生を受けてから、いま六十歳になるまでいろいろなものを見てきましたが、悦ばしいことはあらゆる経典の根本をなしている「法華経」に出会ったことです。


人間として生を受けることはなかなか困難なこと。さらに仏法に出会うことはそれ以上に難しい。ここでは、日蓮聖人にとって「法華経」という最上の教えに出会えた喜びが語られます。150㎝あまりの身体に30㎝ほどの顔。その中央にある眼識によっていろいろなものに出会ってきたが、そのうちの最高のは、仏典の中で最高の「法華経」に出会えたことだと、その喜びの境地を書いているのです。

日蓮聖人は「流罪(るざい)の身であるが、「法華経」の教えを明らかに伝え、久遠(くおん)釈尊の説く「法華経」の光明に照らせれて、喜悦図りなし」 と心境を語っています。

これは、日蓮聖人がその使命の覚悟を明らかにするところです。その境地は、凡人には図り知ることのできないところですが、南無妙法蓮華経を称えることにある奥深い意義に、日々目覚めていく大切さを知るのです。(知識ゼロからの日蓮入門 渡辺宝陽著、参照)


追記、私も神界から探究が始まりましたが、あらゆる神霊体験を通して20年以上の修行の末にやっと「法華経」の凄さに気づき今を生きています。法華経の功徳は先祖が救われて、その恩恵は子孫に報われ、自分の前世で犯した罪穢れが晴れ、健康(長寿の術)をえられます。神界だけに目を向けていても、何も解決できないと悟れました。 (西洲)


次回につづく。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


釈尊の言葉 その3



2017 7 9

食事は感謝をしていただきましょう!



※穏やかな心になれる ................ 釈尊の言葉をエッセイで紹介します。


◎たくさんの命を頂いている

毎日の食卓

あなたはちゃんと手を合わせていますか。

いただきますとは

その食材の命を私の命に

代えさせて頂きますということ。


あなたの栄養となるために

自分の命をあなたに捧げた小さな生き物たち

すべてに手を合わせていますか。


その小魚にも納豆にも

炊きたての白いご飯にすら。

途方もない数の生命がかかわって

あなたの元へ運ばれてきている。


あたりまえと思ってはいけない。

「命をありがとう」と味わいながら、感謝しよう。

両手のひらに包み込んで。



(ダンマパダ129.130)
(ブッダの言葉エッセイ.リベラル社参照)



追記、食は血となり肉となります。健全な精神も食事から! しかし食べ過ぎには気を付けて。 (西洲)

7月9日に問い合わせいただきましたメールアドレスが asoro-boy.の方、アドレスに返信しましたがエラーで送れません。正しいアドでよろしくお願いします。


次回につづく。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


釈尊の言葉 その2



2017 7 2

己に勝ち抜いてこそ!



※穏やかな心になれる ................ 釈尊の言葉をエッセイで紹介します。


◎運の良さだけでは、栄光をつかめない


トップアスリートと呼ばれる人の成功は

運の良さだけじゃない。


たとえ彼らが

「僕は運が良くてね」と言っていても

その言葉の裏には

血のにじむような鍛錬(たんれん)がある。


みんなが避ける道を、一人黙々と進み

みんなが楽しむ時に、一人学び続けた。


だからこそ

彼らはトップアスリートという栄光を手にした。


「あの人は運が良いから」で

分かったつもりにならないで。

彼らの栄光の裏にある、努力と研鑽(けんさん)の日々から

あなたは、目をそむけないで。


(般泥洹経.はつないおんきょう)
(ブッダの言葉エッセイ.リベラル社参照)



追記、自分の甘さに負けないでね。己には厳しく! (西洲)


次回につづく。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
訪問者
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR