悟りとは差取り



2019 12 29 1


仏教では悟りを開いたとか悟ったなど、「悟り」 という言葉を耳にしますね

悟りとは?

6年間の山中における苦行によって、心身ともに疲れ切っていたお釈迦(しゃか)さまは、スジャータから乳粥(かゆ)の布施(ふせ)を受けて再び生気をとりもどされました。そして、今度はブッダガヤにある大きな菩提樹(ぼだいじゅ)のもとで瞑想(めいそう)に入られました。

悪魔は相変わらず押し寄せてきて、精神統一をしているお釈迦さまの邪魔をしました。悪魔とは、私たちの眼(げん)・耳(に)・鼻(び)・舌(ぜつ)・身(しん)・意(い)〔六根 (ろっこん)〕から入ってくる誘惑のことです。例えば、美味しい食物の匂いがすると食欲がそそられるといった具合です。自分に都合のよい意見や話には耳を傾けてしまうし、世間の学説や評判を常に気にすることなどは、修行しているものにとってはすべて悪魔なのです。しかし、お釈迦さまは、今度こそ見事に、これらの悪魔に動ずることもなく誘惑を断ち切って、遂にさとりを開かれたのでした。

さとりとは、
あらゆるものは、縁によって生まれ、縁によって変化し、縁によって滅するという「縁起(えんぎ)の道理」によることを 明らかにされたのです。

お釈迦さまは、このようにさとられて、私たちに救いの道を説かれることになりました。
さとりをひらいて仏陀(ぶっだ)となられたとき、お釈迦さまは35歳でした。また、さとりをひらいた日が12月8日だったので、この日を「成道(じょうどう)の日」と呼んでいます。 

(ひとくち法話No75 ―お釈迦さまのご生涯6― より)

(白蓮堂スタッフ恵さん)から


法華経の入手の仕方や方法は


※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


自分の機嫌は…


2019 2 3


リチャード・カールソン氏の心に響く言葉より…

私たちはいつだって、気分がよくなったり悪くなったりするのをまわりのせいにする。

休暇直前になって締め切りが迫った仕事を指示されるとか、上司が突然怒り出すとか、誰かのせいで遅刻したとか、こうした出来事のせいでイライラさせられていると思い込む。

でも、本当はそうではない。

前述したように、あなたの気分を左右しているのはすべて、あなた自身の「考え方」だ。

それがわかってくれば、あなたは自分の気分とうまくつき合える。

たとえば、ふさぎ込んでいるときは、できるだけ重要な決断はしないとか、大切な顧客に電話するのは、やる気がわいてくるまで待つといったことが、できるようになるのだ。

自分の今の「気分」に気づき、理解して、気分に合った行動をとるのは、その日の天気に合った服を選ぶのに似ている。

暑い日には涼しい格好をし、寒い日には上着をはおり、雨の日には傘をさす…気分とも、そうしてつき合えばいい。

そして、まわりの人の気分にも波があることを知っておこう。

相手の気分に合わせて自分の気分を変えるということではない。

その人の気分を考慮に入れるだけで、いろいろなことがストレスなく回り始める。

たとえば、部下がどうも機嫌が悪そうだとわかれば、気分が浮上するのをちょっと待ってから新しい仕事を指示する、といった具合に、機嫌がいいときなら部下はこちらの話を聞く耳を持つだろうし、ムキになったりしない。

逆でも同じこと。

仕事が忙しい時期にどうしても休暇を取りたいという相談を上司にするなら、やはり上司の機嫌がいいときを狙ったほうがいい。

ただし、その人が不機嫌になっているのか、いちいち詮索しないこと。

誰だって、気分に浮き沈みがある。

もちろん「なぜ、そんなに仏頂面をしているんだ」と相手を責めたりしてもいけない。

あなただって不機嫌になっていた瞬間があるはずで、お互いさまなのだ。

また、「不機嫌なのはあなたのせい」と相手に責められたとしても、真に受けないこと。

その人が不機嫌なあまり、あなたの態度に必要以上に厳しい目を向けているだけかもしれない。

だから、あなたが思い悩む必要はないのである。

『読むだけで自分のまわりに「いいこと」ばかり起こる法則: 快適にポジティブに生きるコツ 』

(単行本)(浅見帆帆子訳)三笠書房


機嫌の良しあしは自分でコントロールするということだと思います!

お笑い芸人のみやぞんさんも、同じことを言っておられます。

そして、周りに機嫌の悪い人がいてもご機嫌取りをする必要はないということですね。

相手にしないとか、無視するということではなく、様子見しながら相手の機嫌に左右されることなくいつものように接していくことが大切なのかもしれませんね。

(白蓮堂スタッフ恵さん)から


法華経の入手の仕方や方法は


※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


小さな教え



2019 7 21



仏教詩人坂村真民先生の詩「小さな教え」をご紹介します。


見知らぬ人でもいい 雨に濡れていたら

走っていって 傘に入れておやり

バスから降りるときは 疲れた車掌さんに

ありがとうと言っておやり

道ですれちがう おばあさんたちには

幸せを祈っておやり

目の見えない人が歩いていたら おっ母さんになったつもりで 手をひいておやり

ねがえりもできず ねている人があったら

こおろぎのように そっと片隅で 愛のうたをうたっておやり

小さいことでいいのです

あなたのむねのともしびを

相手の人にうつしておやり



小さなことでも、誰かを思って行動することなのですね。

今日も皆さまが幸せでありますように!

(白蓮堂スタッフ恵さん)から


法華経の入手の仕方や方法は


※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


諦観とは。



2019 3 11
(自分を受け入れ自分に優しくなる)



失敗やミスをした時に、

「自分なんかダメな人間…」 と落ち込むことは誰にでもありますよね!

でも、自分という人間の全てがダメなわけではありませんよね!

うまくいってないそこだけの問題だと思うのですが…

仏教には「諦観(ていかん)」 という言葉があります。

あきらかに観るという意味で、物事を正しく見なさいという意味です

自分のできているところと、できていないところを正しく観る。

それができれば、自分はダメだと落ち込みすぎることはなくなります。

一つもできていない人はいない。できてないところにばかり目を向けるのではなく、できているところもちゃんと見ていきましょう。

落ち着いて、自分ができているところとできていないところを考えるのです。

自分の反省すべき点を気づくととても楽になります。

「分かる」 とは「分ける」 ことです。

自分のできていることできていないこと、改めるべきところとそのままでいいところ、それを分けることができて初めてどこを直せばいいのか「分かる」 のです。

全部がダメな人ってこの世には存在しません。

そのままでいいところがほとんどなのです。

改めるべきところと、そのままでいいところがハッキリわかれば、自分を責めて落ち込む必要はありません。自分を受け入れ自分に優しくなることができるはずです。

(心がほっとする仏様の50の話)

できているところとできていないところを分ける…そうですよねぇ。

自分の事も周りの人のこともそうやって考えていけばいいのですよね。

(白蓮堂スタッフ恵さん)から


法華経の入手の仕方や方法は


※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


無財の七施とは


2019 12 1


山陽新聞に「友だちがいたから今の自分がある」 と題した少女の投書が載っていました。その中で彼女は「中学三年間吹奏楽部に所属していたが、自分の思うように吹くことができず大変悔しい思いをしていた。そんな時友だちが「一緒に頑張っていこう」 と温かい言葉をかけてくれた。その友だちの一言一言に支えられて今の自分がある。だから友だちの顔を決して忘れることはできない」 と書いてあり、心温まる思いがしました。

友だちと言っても、学校の友だち、仕事の友だち、趣味や遊びの友だちなど、色々な付き合いがありますが、お釈迦さまは三つの友情について三つのことが必要であるとおっしゃっています。

一つは「あやまちがあれば互いに戒めあうこと」。私達は時として、自分の間違いを大目に見てもらおうとしたり、友だちのあやまちに気づいていながら見て見ぬふりをしてしまいますが、友情には時として厳しさも必要です。

二つ目は「良いことは互いに喜び合うこと」。相手の楽しみや喜びをともに喜び、相手の苦しみや悲しみをともに悲しめる深い心が必要です。

三つ目は「苦しいこと辛いことがあっても決して見捨てないこと」。ここに友情の真価が現れるのです。困った時こそ支えとなり力と成ってくれる人が本当の友だちです。

余裕がある時は相手の立場を考えたり尽くしたりできますが、自分が苦しく辛い状況になると、物事をつい自己中心的に考えたり行動してしまいます。どんな時にも友情に応えられるようにするには、強い信念と勇気が必要です。友情がいかなる宝にも勝るものであることは、誰もが承知しています。人は本当に信頼しあえる友だちを求めています。相手からそれを得ることは容易でないかもしれません。むしろこちらから与えていくよう努力していきたいものです。

あなたは友だちにどのような心の宝を与えられますか。

(こころの散歩道)

友達…自分の魂のレベルにあった人が自分の周りにいるとお聞きします。

うまくいかなくなったり、疎遠になったりする人は自分と魂のレベルが合わなくなってきたからだと。

損得の心でなく「この人は大切な友人」と思える人はそう多くはないのでしょう。

大きい会社で毎日たくさんの人とあっていたという人が、退職したら本当の友人というものがいなかった、なんて話も聞きますね。

肩書だけでのお付き合いだったということだと思います。

私は自分の大切な人に何を与えられるかな~?

誰に対しても無財の七施を思い出してやっていきたいですね。

眼施(がんせ)…いつも優しい眼差(まなざし)しで人に接する。
和顔悦色施(わがんえつじきせ)…いつも笑顔で接する。
言辞施(ごんじせ)…優しい言葉で接する。
身施(しんせ)…困った人を見たら助けてあげる。
心施(しんせ)…ほかの人のために心を配る。
床座施(しょうざせ)…席や場所を譲る。
房舎施(ぼうじゃせ)…訪ねてくる人がいれば一宿一飯の施しを行い労をねぎらう。
皆様が今日も幸せな日でありますように!

(白蓮堂スタッフ恵さん)から


法華経の入手の仕方や方法は


※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。“縁起を見るものは法を見る法を見るものは私を見る”(ゴータマ.ブッダ)この世で起こっていることは、全て因果の法則からなのです。あなたの存在、家族の存在、今の苦しみや障害も、前世からの因果の法則です。そのためにも、少しでも多くの人々に真実(宇宙の真理.法則)を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
ランキング
最新記事
訪問者
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
ことわざ
Powered by www.seiku.net
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR