第10章 法師品(ほっしほん)その2



受持
正行と助行とは



◎五種の法師とは

続いて経文は「法華経」を広めるための大切な五つの行について解く。これを「五種法師」という。
その五つの行とは

1、「法華経」を受持すること。(正行)
2、読むこと    (助行)
3、誦すること    (助行)
4、解説すること  (助行)
5、書写すること  (助行)

である。

昔からの解釈では受持を正行といい、読、誦、解説、書写を助行という。

正行というのが根本で、それを助けるための助行4つある。

助行の第一、「読」というのは、自分で法華経を読むことである。あるいは、他人の読むのを聞くのでも良い。

第二、誦とは、経文を見ないで空で読むことである。口先だけでなく、心の中で反復し繰り返して読むことである。

第三の解説とは、人に向かって教えを説明することである。
教えを広めるためにこの事は絶対に必要である。また、人に教えを解くことによって自分自身も本当にわかるようになる。人に教えを説くことは自分のためでもある。

第四の書写とは、経典を写すことである。これは教えを広めるためにもなり、自分自身の信仰を深めるためにもなる。

五種法師というのは、根本に「法華経に対する信心を持ち深め広めていく人でなければならない

続きは次回…

法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  



テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
訪問者
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
今日の時事英語
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR