第10章 法師品(ほっしほん)その6



高原のたとえ
教えを広める大切さ!



◎高原穿鑒(こうげんせんしゃく)の譬え(その1)

次に「法華経」が行われている場所には、どこにでも七宝で飾られた「塔」を建てよと説く。

「法華経」が行われる場所とは、「法華経」が読まれ。書かれ、帰依する人々が集まる場所である。仏塔を建てると当然その中には舎利(骨)をお祀(まつ)りしようとするのがわれわれ末世の仏教徒である。

復(ま)た舎利を案ずることを用いず。所以(ゆえん)は何(いか)ん。此の中には已(すで)に如来の全身います。と説く。

仏の教えを信じ、実行しさえすれば、その中に仏の全身があるので、それ以上に改めて仏の舎利を祀る必要がないというのである。

ここで注意しなければならないのは、舎利を祀るなといわれたからと言って、仏塔を作る必要はないと考えてはならないのである。仏の大いなる徳を慕うあまり、後代の人々は盛んに舎利塔を建てた。これは仏を慕う信者としては当然のことである。

ここで仏が舎利を奉安する必要がないといっているのは、寺や塔を建てることよりも教えをひろめることのほうがもっと大切であるという事である

続きは次回…

法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  



スポンサーサイト

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
訪問者
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
今日の時事英語
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR