第10章 法師品(ほっしほん)その7



井戸掘り
一つの井戸をどこまでも掘り続けることが大切...



◎高原穿鑒の譬え(その2)

もし、在家者でも出家者でも自分は菩薩の教えを実行していると信じてもこの法華経を読誦し受持し供養することができない者は菩薩の教えを実行しているとはいえないのである

この段の最後には、高原で井戸を掘って水が得られる比喩が説かれる。

この比喩は懈怠(けたい)の心が生じることを厳しく戒めるために説かれたものである

高原で井戸を掘って水を得ようとするのは容易なことではない。
初めは乾いた土が出てくるだけで、いくら掘っても水は出ない。乾いた土であるから水が出ないと思っても、決して失望することなく、さらに掘り進んでいけば次第に湿り気のある土が増えてくる。さらに努力して掘っていけば泥が出てくる。泥が出れば水が近い。必ず清冽な水が得られるはずである。

泥土は菩薩道清冽な水は仏に喩えられる

菩薩の道である泥土までゆけば、必ず最後は仏になれる。信仰の問題も全くこれと同じで少しばかり信心して効果がないからと言ってやめてしまえば、仏の道は得られない

それでは駄目であって、一つの井戸をどこまでも掘り続けることが大切である


続きは次回…

法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  



スポンサーサイト

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
訪問者
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
今日の時事英語
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR