第1章 序品 「法華経」の説く最高の真理その9



合掌地蔵
人間の姿で最も尊い姿の合掌


合掌する…

諸々(もろもろ)の人よ、今、当(まさに)に知るべし。合掌して一心に待ちたてまつれ。

…仏の教えを 合掌して一心に 待つならば仏は今説法を始めてくれるという。合掌して一心に待つというのは、道を求めるものの態度でなければならない。合掌とは、両手をそろえて合わせる姿であるが、人間の姿で最も尊い姿である。合掌すると宗教的信念が湧き出てくるばかりでなく精神が統一されてくる。

二本の手は、五本づつの指があるが合掌すると十本の指がひとつに合わされる。仏教では、この十本の指を十の世界にたとえている。

十の世界とは…

地獄界、餓鬼界、畜生界、修羅界、人間界、天上界、声聞界、縁覚界、菩薩界、仏界をいう。この十種の世界を次から次へと現出させながら生き続けていく。特に、仏界や菩薩界には無縁であり、その反対に畜生、餓鬼、地獄の世界に荒れ狂っているのが現実のわれわれの姿である。人間が極限状態に追い詰められたとき、畜生道に陥ることは史上多くの例を見るごとくである。

この十種の世界をひとつにあわせ 融和させるのが合掌である。

合掌することで仏界と融和し、心身合一して、仏心にかえることである…

※日月灯明如来が過去において「法華経」 をお説きになられたとき、白毫相(びゃくごうそう)の光が地獄から有頂天までを照らし出し、そこにいるあらゆる人々の相(すがた)を見たことが書かれていたが、仏の目は一切の衆生のありとあらゆる相を見通すことができる。仏の前にはわれわれはすべてお見通しなのである。しかも、地獄から有頂天まで一切の世界を仏は見通すことができる。

「法華経」 はこのように一切の世界を見通す仏の光明に照らしだされて、その雄大宏壮な世界観が展開してゆく。最高の真理である「法華経」 が説かれる因縁を説いた序品が終わり、次には諸法実相が説かれる方便品が展開する。

第1章の序品はおわりです。 

次回から第2章、方便品です!


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  



テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。“縁起を見るものは法を見る法を見るものは私を見る”(ゴータマ.ブッダ)この世で起こっていることは、全て因果の法則からなのです。あなたの存在、家族の存在、今の苦しみや障害も、前世からの因果の法則です。そのためにも、少しでも多くの人々に真実(宇宙の真理.法則)を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
訪問者
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR