第11章 見宝塔品(けんぽうとうぼん)その1



多宝如来2
多宝如来の登場です。


絶対の真理としての教え

今までの「法華経」の説き方とこの見宝塔品の説きかたは随分異なっている。
それはこの「見宝塔品」では宝塔が中にとどまって教えが説かれるからである。
本当の仏の教えが時間、空間を超越した絶対の教えであることを示すために、不思議な事実を説いているのである。
釈尊が説いた教えは絶対の教えであることを多宝如来が証明するのである。

多宝如来は永遠の真理そのものを示し、釈迦牟尼仏はその真理を説く人である
その二人が塔の中で並んで座ったということは意味が深く、この二人が平等であることをあらわしているからである。


教えを説く仏とその真理性を証明する仏の二人が並んで、「法華経」の教えを弘めよ、と言ったのである。

「法師品」の説法を聞いて人々の心の中にはこの法華経の教えを世の中に広めようと決心したとき、目の前に高さも幅も無限の長さを持った七宝づくりの塔が忽然として地中から湧出して空中にとどまった。
その塔はたくさんの宝石や花で飾られ芳香を放っていた。そして、塔の周りでは、天、竜、夜叉、などありとあらゆるいきものが集まってこの塔を供養し、尊敬し、褒めたたえた。

塔が地から湧出したのには大きな意味がある。地面というのは脚に地がついたところであり、「脚下」であり、この現実である。このような現実の中からこそ真の理想が生まれるのであり、現実を離れた真理は単なる抽象物に過ぎない。

脚下照顧(きゃっかしょうこ)」して着実に一歩一歩現実を踏みしめて進むとき、真の真理が生まれてくるのであり、その理想こそ仏の教えなのである。
宝塔が地から湧出した意味は大きい。

続きは次回…


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  



テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
訪問者
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
今日の時事英語
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR