第11章 見宝塔品(けんぽうとうぼん)その6



多宝如来3
多宝如来は法華経を信じる者を守護する



◎半座を分かつ(その2)

かくて釈迦牟尼仏の分身が釈迦牟尼仏を中心として霊鷲山(りょうじゅうせん)に集まってきた。
それは無限の仏の集まりであった。たくさんの仏たちは侍者(じしゃ)に釈迦牟尼仏のご機嫌伺いに行かせた。

そして、釈迦牟尼仏は自分の分身が皆集まってきて獅子のざに坐り、宝塔を開いてくれるように希望を持っていることを聞いて、坐より立ち上がって虚空に住した。

周りの仏たちは起立し合掌して一心に仏の姿を見たのであった。
虚空に住するというのは高いという意味だけではなく、大空のように一切衆生を平等に見下ろして教えを説く意味である。
仏は右の指で宝塔の扉を開いた。その中には多宝如来が禅定に入っているようなお姿で、端然として坐っていた。
釈迦は自分が信ずる教えをやっと説く機会が訪れたから今や心から満足して説くのである

多宝如来は、釈迦牟尼仏が説く「法華経」の教えが真実であることを証明するためにここに坐っているのである

人々は、このような多宝如来のお言葉はいまだかつて聞いたことがないすばらしいお言葉であるとわかって多宝如来と釈迦牟尼仏の上に花を散らした。まさにそれは一幅の絵であった。

続きは次回…


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  



スポンサーサイト

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
訪問者
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
今日の時事英語
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR