第11章 見宝塔品(けんぽうとうぼん)その10



法華経
法華経を広めるのは、困難が立ちはだかる。(画像、参照)



◎六難九易(ろくなんくい)とは

多宝如来の出現と、10万世界の諸仏の来集とは「法をして久しく住せしめん。」ためであった。
法とは法華経が説く正しい教えである。
この正しい教えを永遠にこの世に残すために多宝如来の出現となったのである。

末法の世にあって、法華経を断絶させないために、この教えを説いたのである。


それなら安心して教えを説ける、あまり努力しないでも教えを広められると思うのは凡夫である。

教えを説くこと、教えを広めることの困難さを説き明かし、安易な気持ちで教えを説くことを強く戒めたものである。

法華経を色読した日蓮聖人は、「この法華経は必ず広まる。しかし広める人は災難を受ける。しかし、この困難に堪えることによって正法は広まる。」という確信を持っていた。
だからこそ不惜身命(ふじゃくしんみょう)の広宣流布が可能であったのである。

絶対不変の真理である「法華経」の教えを末世に伝えるためには、大願をおこさなければならない。

経文には「まさに大願をおこして、久しく住することを得せしむべし。」と説かれる。
それは、護法の大願である。大願をおこしたのでなければ、わずかな迫害や困難にあうとくじけてしまうものだ。

この「法華経」の教えを説き広めるということは大変なことである。

六難とは、法華経を広めるのに六種の困難があること、九易というのは、世間的には非常に困難なことではあるが、法華経を広宣流布(こうせんるふ)する困難に比べれば、そんなにむずかしいことではなく、むしろ容易なことだから九易というのである。


続きは次回…


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  



 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
訪問者
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
今日の時事英語
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR