第12章 堤婆達多品(だいばだったほん)その7



提婆達多品7
法華経はお釈迦様の真実の教えです(画像イメージ)


◎海中の説法(その2)

智積(ちしゃく)菩薩は文殊菩薩に聞いた。
「あなたは竜宮に行って教えを説いていられたというが、あなたが教化した人はどのくらいいますか。」
と。文殊は答えた。
あまりにその数が多いので数えあげることはできません。口でも語ることが出来ませんし、心で推し量ることもできません。ちょっと待ってください。ここにその証をお見せしましょう。」
文殊の言葉が終わるや否や、無数の菩薩が美しい蓮の華に乗って海から湧き出て霊鷲山(りょうじゅうせん)にお参りして虚空(こくう)にとまった。

もともと声聞であった人は虚空の中で声聞の教えを説いていたが、やがて大乗の空(空)の教えを修業するようになった。
大乗の空の教えを修業することは、菩薩としての平等の慈悲心と智慧を備えてきたことを意味する。文殊は智積に言った。
「海の中の竜宮で人々を教化したのはこのような教え子です。」
智積菩薩は偈文でもって、文殊菩薩をほめたたえた。
「知恵を備え、勇敢にして倦(う)むことなく教えを説く文殊菩薩は、数えきれない人々をお救いになった。大勢の人々の前で自分もはっきりとそのことを見ることが出来た。真実の通理を説き、一乗の教えを解き明かし、多くの人々を導いて速やかに悟りに入らせたのは、実に文殊菩薩あなた様であります。」と。

文殊菩薩は智積菩薩からこのように褒められると、自分はただ「妙法蓮華経」の教えを竜宮で説いたに過ぎないのです「妙法蓮華経」はお釈迦様の真実の教えであるが、自分はただその教えを説いただけである、と答えたのである。

そこで、智積菩薩はさらに文殊へ質問する。
「このお経は大変に意味が深くて普通の人間には理解できないものです。それは書経の宝であり、まれにしか存在しないものです。この教えを人々が一生懸命に修業すれば必ず仏になれるでしょう。」と。
智積菩薩は半信半疑であった。文殊菩薩は智積菩薩に対して確固たる証拠を見せなければならなかった。「法華経」の教えによって修業すれば、どんな人でも成仏できるという証拠を示す必要に迫られた。

続きは次回…

法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


 
スポンサーサイト

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
訪問者
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
今日の時事英語
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR