第12章 堤婆達多品(だいばだったほん)その8




一眼の亀
法華経と出会えることは※一眼の亀浮木に逢えるが如し。


※一眼の亀浮木に逢えるが如し(いちげんのかめふぼくにあえるがごとし) .......... 大海上の流木の一つの孔を片方しか見えない亀が見つけ出すことは、ほとんど不可能に近い。それと同じく法華経に出会える機会は、千載の一遇なのである。


◎竜女の讃嘆(さんたん)

この智積菩薩の質問に対して、文殊菩薩は立派な実例をあげる。
それは沙掲羅(しゃかつら)竜王の女(娘)の竜女のことである。
この竜女は8歳になったばかりであった。深い知恵をそなえており、教えを聞く人の性格や能力をよく理解し、それにふさわしい教えを与えることができた。
そして多くの人々を感化して善行をいっそう増長させ、悪行をやめさせたりする利他行にも長じていた。

「衆生を慈念することなお、赤子(しゃくし)の如し」とあるのは重要である。
母親が赤子を見るときこそ本当の慈悲である。あらゆる人々の苦しみを救おうという願いは、この慈悲心からでてくる。
しかもこ竜女は「志意和雅(しいわげ)」であるというから心持ちが穏やかで、人に逆らうということをしない。

このように竜女がわずかに8歳ではあるが、仏の教えを修業して立派に成仏できたことを説明したが、智積菩薩はまだ十分に納得できなかった。
智積菩薩は仏になるということがどんなに難しいしいことであるかを力説する。
智積菩薩は文殊の言うことが信用できない。

竜女が「法華経」の教えを聞いて仏になれたというが、釈迦牟尼仏の難行苦行と比べてそう簡単に成仏できるはずがないと考えたのである。

続きは次回…

法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
訪問者
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
今日の時事英語
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR