第14章 安楽行品 その6



末世
末世においては仏の教えを信じる人はほとんどいない




◎教えを弘める誓い................誓願楽行(せいがんあんらくぎょう)

最後に世尊は、文殊師利菩薩に対して誓願安楽行を説く。菩薩が末世(まつせ)の世の中で、まさしく教えが滅ぼうとするとき、「法華経」を受持する者はどんな心がけをもてばよいかが説かれる。「法滅」(ほうめつ)のときとは、中国の仏教史でいえば北周(ほくしゅう)の廃仏とか、最近では文化大革命のときの寺院の破壊のような時代である。こういう末世が到来したとき、「法華経」の教えを守るにはどうしたらよいか。まず在家者にも出家者にも大慈(だいじ)の心を起こさせるとともに、さらに菩薩でない人にまでも大慈の心を起こさせることが必要である。出家者だけでなく在家の人までもというところに「法華経」の強さがある。

菩薩でない人とは、自分の悟り、自己の救いばかり考えている人である。自分だけがよければよいと考えて生きていても、決して満足できるものではない。自分だけが救われればよいと思いこんでいる人に教えて、ともに大乗の真実の道を信じるようにしようと決心すること、それが誓願ということである。誓願というのは是非やろうと決心することである。こうやりたいという希望ではまだ弱い。必ずやろうという決心がつかないと誓願にはならない。

末世においては仏の教えを信じる人はほとんどいない。そのようなときに仏の教えを弘める。この誓願安楽行を果たすには、まず第一に仏の不生不滅(ふしょうふめつ)を信じることでなければならない。どんなときでも、どんな悪世においても、仏は自分と共にあるという確信が支えとなって、不退転の誓願行が可能となる。「法華経」を弘めるときにどんな迫害者が現れても、仏が説く人を守ってくれる。その理由を、

お経は、「この経は是(こ)れ一切の過去、未来、現在の諸仏の神力をもって護りたもう所なるが故(ゆえ)に」と記している。


続きは次回…

法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
訪問者
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
今日の時事英語
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR