第20章「常不軽菩薩品」その1



10.21 2016
(人間の生存の苦しみは煩悩が集まっているからである)



◎威音王如来(いおんおうにょらい)の説法

「法師功徳品」は法師になるための修行について説いたものだが、その修行ができる人もいればできない人もいる。五種の修行といわれると、ただ形式的にそれをやればよいと考える人もいる。「法華経」を読誦(どくじゅ)すればよいとなると、ただ、毎日、何時間読んだから、自分は救われると考える人もいる。しかし、一番大切なことは本当に心の中から仏の教えを信じ誠心誠意をもって信仰に生きなければならないことである。信仰者の態度が重要なのである。この「常不軽菩薩品」に出てくる常不軽菩薩という人はまさしくこのような立派な態度に徹した信仰者であり、どんな人間にもきらりと輝く物証があることを確信し、あらゆる人々を礼拝した人の話である。

あるとき、仏は得大勢菩薩にいわれた・「法華経」の教えを信じ実行している者に対して悪口を言ったり、罵(ののし)ったり、謗(そし)ったりする人がいれば、必ずその報いとして大きな苦しみに合うことはすでに説いたことであり、さらにその反対に「法華経」を弘めるために力を尽くしたものは六根が清浄になることも説いた。

六根というのは眼、耳、鼻、舌、身、意のことで、人間の精神と身体のすべてであり、「法華経」を弘めるとこの六根が清浄になるという大いなる功徳を得ることができると説いている。このような無限の功徳を得ることができる「法華経」を弘めるということはいったいどういうことなのか。これから仏がお説きになるのは一つの過去の物語ではあるが、ここに説かれた内容は現代にもそのまま通じる話である。すなわち常不軽菩薩のお話である。

昔、威音王如来という仏がいた。その菩薩がいた時代を「離衰(りすい)」と名付け、その国を「大成(だいじょう)」といった。その威音王如来は天、人、阿修羅のために教えを説いた。声聞のためには四諦の教えを説いて生老病死という苦しみからまぬがれるようにした。縁覚(えんがく)を求める者には十二因縁の教えを説き、菩薩を求める者には六波羅蜜の教えを説いた。

四諦というのは苦・集・滅・道の四つの真理で、人間の生存の苦しみは煩悩が集まっているからであり、その煩悩を滅すれば、正しい道が得られるという教えである。諦という字は諦(あきら)めること、真理を知ることの意味である。この四諦の教えによって「生老病死」という人生の苦しみから逃れることができると説いた。「生老病死」とは人生の変化のことで、変わることはすべて苦しいことなのである。この苦しみは現代においても昔と少しも変わることはない。どんなに医学が進歩してもこの苦しみから逃れることはできない。

縁覚(えんがく)が境界(きょうがい)を求めるために説いた十二因縁とは、⑴無明⑵行⑶識⑷名色(みょうしき)⑸六入⑹触⑺受⑻愛⑼取⑽有⑾生⑿老死の十二でここでは詳しことは省略するが要するに人間の生存の十二のあり方であって、その因果関係や輪廻のあり方を説いたものである。

さらに、自分のためだけの悟りを求める声聞(しょうもん)や縁覚(えんがく)とちがって、世の中の人々を救おうという理想を持つ菩薩は六波羅蜜、すなわち布施とか忍辱とか精進など六つの実践を行うことによって、成仏できると説く。

この声聞には四諦を、縁覚には十二因縁を、菩薩には六度(ろくど)を説くというこの「法華経」の教えは後代に大きな影響を与えて仏教学の定説になってゆく。

次回につづく。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
訪問者
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR