第21章「如来神力品」その1



如来神力品
「法華経」も、いよいよ終盤に入ります。


◎仏の神力とは(その1)

光が口から発することを始め、さまざまな超能力を説いたのが「如来神力品」であり、この「如来神力品」は「法華経」を理解し実践するうえにおいても、きわめて重要な品なのである。この「如来神力品」が重要であるのは、迹門において説かれた教えも本門において説かれた教えも、結局は一つの教えであり、一致するものであることが説かれているからである。それが十大神力という神力を比喩として説かれているので、「如来神力品」と名付けられているのである。

この「法華経」を世に弘めようと誓ったのは、前にも出てきた「地涌の菩薩」である。この如来神力品においても、冒頭に無数の地涌の菩薩が仏前において一心に合掌して仏に申しあげた。「世尊よ、世尊の分身の方々が教えをいろいろな世界で説いておられるので、私たちもその全ての世界にわたって、「法華経」の教えを説いて、あらゆる人々を救って差し上げよう」と。

なぜ、このように多くの人々を救おうとするのか。それはあまりにも尊い本当の教えを得たので、この教えを自分のものにするために、心からこの教えを信じ繰り返し読みその教えを人のために説きこれを書き写しこれを供養したいからである。

そのとき仏は、文殊師利などの立派な菩薩や、仏教信者の人々や、天、竜など、この世の中で生命をもっているありとあらゆるものの前で、偉大なる神力を現されたのであった。

まず第一には、仏が舌を出したら、その舌が天まで届いた。これはインドの習慣で自分は嘘をつきません、本当のことを言っていますと言う場合に、口から舌を出してそのあかしとするのである。仏が舌を出したのは、自分の説くことは真実であることをすべての人々の前にはっきりと見せるためであった。その舌が天まで届いたということはこの教えが真実であるという証拠になる。

次には仏の身から光が出て、その光がまわりの一切の世界を照らした。仏は全身の毛孔(けあな)から光を発した。獅子座にいた諸仏も長い舌を出し、たくさんの光を発した。釈迦仏も他の無数の諸仏も百千年にわたって光を発していた。自分の出した光も、他の人が出した光もひとつに融けあってゆくことは、仏の教えの真理は誰が考えても真理であることを証明するものである。

次に舌をおさめて謦欬(きょうがい)した。謦欬(きょうがい)というのは咳払いすることである。声を出すことである。心の本当の姿が現れたのが声である。仏の声は仏の御心そのままである。すべての仏が同時に声を出したということは、すべての仏の教えが一つであり真理が一つであることを示している。

次にはともに弾指(たんじ)したのである。弾指というのはやはりインドの習慣で指を丸めて弾くことである。インドでは弾指することは真実の証であり、誓いなのである。また、指を弾くというのは必ず実行するという誓いにもなる。


次回につづく。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
訪問者
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
今日の時事英語
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR