第22章 嘱累品(ぞくるいほん)その1



2017 1.6
最高の悟りは簡単にえられるものではない。


◎得難(えがた)き教え(その1)

「如来神力品」の教えをお説きになった世尊は、法座からお立ちあがになり、おごそこなお姿で、右の手でたくさんの菩薩の頭をお撫(な)でになって、次のように言われた。「私は無量百千万億阿僧祇劫(むりょうひゃくせんまんのくあそうぎごう)」という長い間にわたって普通では到底得られない最高の悟りを得ることができました今それをお前さんたちに授けたいお前さんたちはどうか一心にこの教えを弘めて衆生の幸福を増進させて下さい」と。

これが「嘱累品」(ぞくるいほん)第22の書きだしである。「如来神力品」は上行菩薩(じょうぎょうぼさつ)などの偉い菩薩に対して教えを説いたのに対して、「嘱累品」の方は普通の人々に対して教えを説いたといわれ、仏はどんな人にもわけへだてることなく教えを説いているのである。

嘱累とはどういう意味か。「嘱」とは委託すること任せること。頼むことである。「累」はわずらいをかける。面倒をかけることである。「嘱累」とは面倒をかけるが教えを弘めてくれという意味である。さらにいえば、どんな迫害を受けても苦しみにあっても、この「法華経」の教えを弘めてくれということになる。ところで、ここで言われた仏の言葉には簡単に見過ごすことができないものがある。それは自分自身のことを言われたことで、

我、無量百千万億阿僧祇劫において、この得難き阿耨多羅三藐三菩提(あのくたらさんみゃくさんぼだい)の法を修習せり。

ということである。自分は長い年月の間に修行を積んで、やっとこの阿耨多羅三藐三菩提という最高の智慧が得られたといっていることである。しかも長い間修行して得られた最高の悟りを菩薩たちにあげて委(まか)せるから、これを弘めてくれということである。

最高の悟りは簡単に得られるものではない。釈迦が悟りを開くのにも長い苦行があってそれをふみこえて真理を悟ったのであるから最高の悟りは簡単にえられるものではない

次回につづく。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
訪問者
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
今日の時事英語
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR