第22章 嘱累品(ぞくるいほん)その6



2017 2.10.3
教えを弘める使命感を仏ご自身から授かったことで、身がふるえるぐらい大いなる喜びに包まれた。


◎大いなる喜びとは

たくさんの菩薩たちは、仏がこのようにお説きになったことを聴いて、みな大いなる喜びに包まれたのであった。命がけで教えを弘めようと言われて、たいへんに喜んだ菩薩たちの体には、その喜びが満ち溢れた。仏に向かって恭(うやうや)しく頭をたれ、合唱して言った。「、世尊の教えの通りお心持ちにそむかないようにしっかりと実行いたしますどうぞご心配下さいますな」 と。菩薩たちは、仏の前でその実行を約束したのであった。しかも同じ約束を三度声を出してくり返して言ったのであった。末世(まつせ)の世の中になっても力を合わせて教えを弘めるから、決してご心配には及びませんと言ったのである。

この菩薩たちのりっぱな返事を聞いた仏は、これならば末法(まっぽう)の世の中になっても教えが弘まることはまちがいないと確信をもった。そこで四方八方から来てここに集まってきていた分身(ふんじん)の仏を、それぞれの国に帰らせようとして、「皆さん、めいめいのお国にお帰り下さい多宝仏(たほうぶつ)の塔も元通りにして下さい」 と言われた。分身(ふんじん)の仏たちは霊鷲山(りょうじゅせん)において「法華経」 が説かれるので、いろいろな国から集まってきていたが、教えを弘めにそれぞれの国へ帰ることになったのである。

仏のお言葉を聞いた数限りのない分身(ふんじん)の仏や、多宝仏(たほうぶつ)や上行菩薩(じょうぎょうぼさつ)などのたくさんの菩薩、それから舎利弗(しゃりほつ)などの声聞(しょうもん)、一切の世間の天、人、阿修羅(あしゅら)などもみなが心から喜んだのであった。仏は教えが弘まることが確信できたので、心から喜んだのは当たり前であるが、仏の智慧、真の悟りの教えを受けた分身の仏、多宝仏やたくさんの菩薩たちも、この尊い教えがわかったこととその教えを弘める使命感を仏ご自身から授かったことで身がふるえるぐらい大いなる喜びに包まれたのであった。仏を中心とするすべての喜びは、この娑婆世界が喜びの国土である浄土になったことを示している

「法華経」の教えを聴聞しようとして仏の分身(ふんじん)や菩薩や声聞や、ありとあらゆる人たちや、天、人、阿修羅までもが、霊鷲山に集まってきたが、どんな人でも仏に成れるということを聴かされて大いなる喜びをもったのである。このような真理がわかったことで「法華経」 の序品(じょほん)からの一大ドラマはこの「嘱累品」で終わりにしてもよいのであるが、ただ教えがわかったということを弘めよ、と言われたことだけでは、まだ充分にわかったことにはならない。頭でわかっただけでなく、「法華経 を信仰しようというエネルギーを沸きたたせるためには、「法華経の教えによって人々を救った菩薩の実際のはたらきを示す必要があるこんな菩薩がおられて法華経 の教えを弘めて人々を救ったという事実を示すことが大切である。そこで「薬王菩薩本事品」(やくおうぼさつほんじほん) 第23以下の諸品が説かれるのである。

次回から第23章 「薬王菩薩本事品」(やくおうぼさつほんじほん) に入ります。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
訪問者
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
今日の時事英語
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR