第23章 薬王菩薩本事品(やくおうぼさつほんじほん)その2



2017 2 17
法(法華経)の供養が最上の供養となる。


◎焼身供養の意義

薬王菩薩が自由自在に教化できるのは、難行苦行の結果なのである。

一切衆生喜見菩薩(いっさいしゅじょうきけんぼさつ、この菩薩がすなわち薬王菩薩である)という菩薩や、声聞衆(しょうもんしゅ)のために「法華経」 をお説きになった。この一切衆生喜見菩薩は「法華経」 の教えを聴いて、よし自分もどんな苦しい修行でも耐え忍んで必ず成仏してみせると決心した。やがて修行の結果、「現一切色身三昧」(げんいっさいしきしんざんまい)という霊力を得ることができた。現一切色身三昧というのは、相手に応じて適当な姿を現し相手にふさわしい教えを与えることができる霊力のことである。長い間の苦行の結果、このようなすばらしい霊力を得たのである。

諸(もろもろ)の施(せ)の中に於(お)いて最尊最上(さいそんさいじょう)なり。法を以(も)って 諸(もろもろ) の如来を供養するが故(ゆえ)にと。

焼身供養とは、法(おしえ)をもって仏に供養することなのである。仏の恩に報いるためには、自分の身を苦しめ、自分を犠牲にして、法を弘め、その法の光によって全世界を照らしだすこそが何ものにも勝る供養となる。

焼身供養のほんとうの意味は、自分がどんなに苦しくとも教えの通りに修行しその教えを世に弘めその教えの光によって世の中を照らしだそうということなのである

法の供養とはただ教えを弘めることではない。自分自身の修行と完成をほったらかしにして、ただ教えを弘めることは、法の供養にはならないのである。自分の身を苦しめて、世の中を明るくしてゆく、それこそが第一の布施(ふせ)なのである。法を弘めることができれば、仏の心が世の中にゆきわたることになる。これこそ仏がいちばん喜ぶことである。だからこそ法の供養が最上の供養となるのである。


次回につづく。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
訪問者
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
今日の時事英語
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR