第26章 陀羅尼品(だらにほん)その2



2017 3 8 1

四天王に護(まも)られた人生は、最強です!!

四天王とは........... 法華経を守護する毘沙門天(多聞天)・持国天・増長天・広目天の総称。帝釈(たいしゃく)天に仕え、須弥山(しゅみせん)中腹で四方を守る武神。


◎毘沙門天の呪文 

    アリ、................................................................................................... 。

※あまりにも、強い呪文のために控えさせていただきます。

毘沙門天は四天王の一人で、北方の守護神である。夜叉(やしゃ)と羅刹(らせつ)の二神をひきつれて道場を護り説法を聴くので、多聞天とも呼ばれる。多聞天が説いた神呪は、富についての呪文である。人間の中で一番富んで人はどんな人か。財産や権力をもった人が富んだ人ではない。「法華経を信じる者がもっとも富んだ人なのである。この神呪を唱えることによって「法華経」を弘める法師を守護し、いろいろな障害がないようにしようといった。

◎持国天の呪文

   アキャネ、....................................................................... 。

持国天は東方の守護神である。無数の乾闥婆(けんだつば)、(天上の音楽の神様)に囲まれていた。この陀羅尼神呪は四十二億の仏の説かれたものであり、この教えを弘める法師に害を加えるものがあれば、これは多くの仏に害を加えるのとまったく同じである。


◎鬼子母(きしも)の呪文(その1)

   イデビ、......................................................................................................... 。

「法華経」を読誦し受持する人を守護する、最強の神呪です!

羅刹女(らせつにょ)も鬼子母(きしも)もみな鬼のような女のことである。鬼子母というのは、他人の子どもを食べる鬼女である。他人の子どもを食べていた鬼女を戒めるために、仏は鬼女の五百人の子どもの中の一人を隠した。鬼女は自分の子どもがいなくなったので悲嘆にくれた。自分の子に対しては盲愛していたのだ。そこで仏は鬼女に言った。「五百人の子どもの中の一人ですら、お前は、このように悲しむ。お前に食われる親の胸中は、どんなに悲しいことか」と論(さと)されたのであった。鬼子母はやっとわが身につまされて、今までやってきた罪を自覚し、それ以後は、仏の教えに帰依(きえ)したのであった。後には安産と幼児を保護する鬼子母神」(きしもじん)となって現在でも信仰されている。

呪文を説いた鬼子母たちは、さらに法師を守護する決意を述べる。たとえ頭を足で踏みつけられるような事があっても耐え忍ぶから、どうぞ法師を悩ますことがないようというのである。さらにあらゆゆる鬼や魔物が「法華経」を弘める人をおそって、病気にかからしめることがないように護(まも)るというのである。


次回につづく。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
訪問者
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
今日の時事英語
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR