第28章 「普賢菩薩勧発品」その1



2017 4 5

わざわざ東方からこの娑婆世界にきて「法華経」の教えを弘めたいと誓った普賢菩薩。


いよいよ法華経の最終章です。

◎普賢菩薩(ふげんぼさつ)とは

「法華経」の最後の品(ほん)は「普賢菩薩勧発品」(ふげんぼさつかんぼつほん)といって普賢菩薩のことが説かれる。普賢菩薩は文殊菩薩(もんじゅぼさつ)と相対していることが多い。文殊菩薩は獅子に乗り、普賢菩薩は象に乗っている。仏教では普賢は「」をあらわし、文殊は「智」をあらわすといわれている。「理」とは絶対の真理宇宙の生命のことである。「法華経」は「妙法」(みょうほう)を説くといわれるが、この妙法こそ永遠の真理のことなのである。真理はただ真理としてあがめておいたり、しまっておいたりしただけでは、われわれの生活とはまったく無縁なものとなる。そこでこの真理を十分に活用させるものがなくてはならない。それがすなわち「」なのである。智とは真理のはたらきなのである。

理は自利、智は利他ともいえる。理を求めることが不断の修行となる。この求めた真理は必ず人に向かって説かなければ意味はない。真理のほんとうのはたらきとは、世の中の悩んでいる人々を救うことなのである。そこで「法華経」でも初めは文殊菩薩が現れるが、最後には普賢菩薩が現れてきてその全体が完結することになる。普賢菩薩は一切衆生を救う力をもった菩薩であるから、この菩薩の智慧によって「法華経の真理は万人に弘まり人々はそれによって救われるのである。この「普賢菩薩勧発品」は普賢菩薩が来ることから始まる。

普賢菩薩は自在神通力(じざいじんつうりき)と威徳名聞(いとくみょうもん)の力をそなえておられる。自在神通力というのはどんな機根の人に対しても自由自在に教えを説くことができる力である。相手に応じて教えを説くには、相手の心と感応しなければならない。感応するためにあるのがこの神通力なのである。また威徳名聞ということは、衆生を感化する力がすぐれていることをいう。

普賢菩薩は人々を感化するすぐれた力をもっているために、この悪に満ちた俗界の中で菩薩道を行いこの穢(けが)れた世界を必ず清らかな国土にかえようという誓願をもったのである。このような徳をそなえた普賢菩薩が、わざわざ東方からこの娑婆世界にきて「法華経」の教えを弘めたいというのである。

次回につづく。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
訪問者
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
今日の時事英語
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR