法華経に関わる、こぼれ話 その4



2017 5.28

死んだらだれもが、閻魔法廷で裁かれますが、法華経の行者には、閻魔大王様は別格扱いです!


※今昔物語集(こんじゃくものがたりしゅう)は、平安時代末期の十二世紀初頭に成立した説話集である。1059話からなる大部の書物であり、インド、中国、日本の三国に分けて説話が記載されている。そのうちの89話に「法華経」霊験譚(れいげんたん)がおさめられている。今回、紹介するのは巻第十三の第六話です。


◎摂津(せっつ)の国の豊島郡(とよしまのこおり)に多多院(たたいん)というところがあった。一人の僧が住み、山林に交わって仏道を修行していた。また、日夜「法華経」を読誦して年を重ねていた。つまり、聖人(しょうにん)ともいうべき存在である。

この修行を貴く思った一人の男がおり、食べ物などを運んでいつも助けていた。そのうちに、男は病気になり、やがて死んでしまった。家族らは死人を棺に入れて木の上に置いた。5日後、なんと中から叩く音がする!恐ろしくてだれも近づけない。だが、もしや蘇(よみがえ)ったのではないかと思い棺を下してみると、本当に男は生き返っていたのである。

奇妙に思って家に連れ帰ると、男は妻子に向かってこう言った。「私は、死んで閻魔(えんま)大王のところへ行った。すると、大王は帳面を見たり、札を見たりしていろいろ考えたあと¨お前は罪業が重いので地獄へ行くべきなのだが、この度は許して元の国に返してやろう¨ なぜなら、「法華経で修行する僧を助けているからだとその功徳は限りなく生き返ってさらに聖人を助ければあらゆる諸仏を供養するより価値があるとも言うのだ。それで人間界へ帰れることになったのだよ。

この言葉をもらい閻魔大王の館を出て人間世界へ戻る途中、すばらしい仏塔を見た。荘厳さは言葉ではいいようもなかった。ところが、私が助けているあの聖人が、口から火を吐いて塔を焼いているではないか。そのとき虚空(こくう)から声があって、¨この塔は、僧が「法華経」を読誦して見宝塔品(けんぽうとうほん)にいたったときに出現した塔である。しかし、僧は自分の弟子たちにつまらない怒りをぶつけているその怒りの火でせっかく出現したありがた仏塔を自分で焼いてしまっている。お前は、帰って僧にこのことを告げよ¨ と言った。この話しを聞いたかと思うと私は生き返ったのだ」

妻子は、この話を聞いて限りなく喜んだのだった。その後、男は聖人である僧のところへ行ってこの冥土(めいど)の話をすると、僧は大いに恥じたのだった。そして、その後は弟子たちと別れ、ひとりで住んで一心に「法華経」を読誦する生活に入った。男は、このありさまを見て、いっそう聖人を助けることに努めた。聖人は、何年も経て寿命が尽きるときに、身に病気がないまま、自然に「法華経」を読誦して亡くなった。

それにしても、聖人といわれる僧でも怒りの心は起こすべきではないということを人々は知ったのである。


次回につづく。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
訪問者
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
今日の時事英語
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR