日蓮聖人の教え その3



2017 8 13

仏陀釈尊の道に目覚めることこそが ................. 。



※法華経の第一人者は、何といっても日蓮聖人です。法華経に生きた日蓮聖人の教えを紹介します。


善知識に値(あ)ふ事が第一の難(かた)き事なり。
されば、仏は善知識に値(あ)ふ事をば一眼(いちげん)の亀の浮木に入り、
梵天(ぼんてん)より糸を下げて大地の針の目に入るにたとへ給わり。

(三三蔵祈雨事)


訳、人をして仏道に導き、解脱を得させる指導者(善知識)に出会うことがもっとも難しいことです。仏陀は、そのような指導者に出会うことを、片方の目しか見えない亀が流木の穴に入るようなものであるとも、天空の遥か上空にある梵天(ぼんてん)から糸を垂らして大地の上にある針に通すようなものであるとも述べられています。


◎よい指導者との出会いが大切

「善知識」とは、狭い意味では、仏教上の指導者を意味しますが、一般社会であっても、よい指導者に出会うことほど大切なことはありません。「私が今日あるのは、あの方のおかげだ」 と語ることのできる、人生の指導者を持っている方は幸せです。

そのような経験を耳にするにつれ、「あのとき、あの方に出会えたのは幸せだった!」 と自身のことを振り返る人も多いことでしょう。小学校.中学校.高等学校.大学での出会い、仕事上の出会い、それぞれに「よき指導者との出会い」 の大切さを感じます。

ただ、ここで日蓮聖人がいう「善知識に出会うことが、一番難しいことだ!」 というのは、そうしたレベルを超えて、「人間としての生き方を教える師「生きる意味の根源に導く師」 という意味での「善知識」 との出会いを求めていくべきだということです。

「師」 などというと、古臭いとか、抹香臭いというイメージを持つ方がいるかもしれません。しかし、今日でも、「心の導き」 を求めている方は多くいます。そうした思いに応えるのが「師」 「善知識」 といえます。

日蓮聖人は、本当の意味での仏陀釈尊の道に目覚めることこそ最大の善知識(指導者)との出会いであるということを導き続けたのです。いろいろな形で指導者に巡り会うためには、きちんとしたアンテナを張っておく必要があります。 (知識ゼロからの日蓮入門 渡辺宝陽著、参照)


追記、よい指導者との出会いは、大切ですね。 (西洲)


次回につづく。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
訪問者
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
今日の時事英語
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR