釈尊と十大弟子、その2(目犍連)



2018 1.28

前世の報いを受け入れたマウドガリヤーヤナ(目犍連)


◎ 釈尊の十大弟子........ 釈尊の率いる仏教教団には、聖者の最高の境地である阿羅漢果(あらかんが)の悟りを開いた弟子が500人いた。その弟子を中心に、多くの信者が集まり、仏教教団を構成委していったのである。「十大弟子」 と 呼ばれる人々は、その中核となって教団を支えた弟子たちのことを指す

☆神通第一 マウドガリヤーヤナ、別名を目犍連(もくけんれん)、目連(もくれん)

※前世の業(カルマ)の前に自らの神通力を捨てる

仏教では、最高の悟りを開いた者は、次の6つの超能力を得るとされている。

 一、望む所に行く力(神足通、じんそくつう)
 二、運命を予知する力(天眼通、てんげんつう)
 三、鋭い聴力(天耳通、てんにつう)
 四、人の心を知る力(他心通、たしんつう)
 五、過去世(かこぜ)の姿を知る力(宿命通、しゅくめいつう)
 六、真理を悟る力(漏尽通、ろじんつう)

釈尊も、その多くの弟子たちも、当然この超能力を持っていたという。なかでもマウドガリヤーヤナ(目犍連)は、超能力つまり神通力では誰よりも勝っていたので神通第一といわれていたマウドガリヤーヤナ(目犍連)とシャーリプトラ(舎利弗)の二人は、特に「二大弟子」 ともいわれる。幼いころから仲良しの二人は、弟子となってからも協力して仏教教団を支え、めざましい働きをした。

マウドガリヤーヤナ(目犍連)の説法で仏の教えを信じる者は次々と増えた。当然、一方では、信者を失う教団があった。対立教団のなかにはマウドガリヤーヤナ(目犍連)を激しく憎む者がいた。そして、マウドガリヤーヤナ(目犍連)を亡き者にせんと賊(ぞく)を雇(やと)い、襲わせたのである。だが、最初の襲撃(しゅうげき)も、2度目の攻撃も、超能力によって事前にそれを察知したマウドガリヤーヤナ(目犍連)は、難を回避して無事であった。3度目も事前に襲撃を知ることができた。だが、これほど執拗(しつよう)に襲われるには、なにか深い理由があるに違いないと考え自らの前世を超能力で振り返ってみたのである

すると、驚いたことに、自分は前世において目の見えない親を殺そうとしていたことがわかったのだった。馬車で両親を郊外に連れ出すと、どうせ目が見えないのだからと、盗賊を装(よそお)って、襲いかかったのである。目が見えないながらも、盗賊の襲撃を察知した親は、大声で叫んだ。「息子よ私たちのことはいいからとにかくお前だけでも無事逃げておくれ」 盗賊を装った前世のマウドガリヤーヤナ(目犍連)は、深い後悔の念に苛(さいな)まれ振り上げた剣を下したという。やがて、両親を馬車に乗せると、とぼとぼと街に帰っていった。

はるか遠い前世において、自分は親を殺そうとした人間だった。その報いで、今、外道に命を狙われているのだ。自らの業を知ったマウドガリヤーヤナ(目犍連)は、もはや逃げようとはしなかった。その後、マウドガリヤーヤナ(目犍連)は盗賊に襲われた。骨は折れ、肉が裂け、夥(おびただ)しい血が飛び散った。殺したと思った盗賊は、風にようにその場を立ち去った。

普通の人間であれば、とても助かるまい。だが、そんな傷を負っても、マウドガリヤーヤナ(目犍連)は、まだ生きていた。そして、神通力を使って傷ついた体で釈尊のもとに飛んで帰ったのである。「どうか涅槃(ねはん)に入ることをお許しください」 釈尊の許しを得ると、マウドガリヤーヤナ(目犍連)は人々に別れを言って入滅した。

4度目の襲撃も超能力を使って事前に察知すれば、逃げることができたはずである。だが、マウドガリヤーヤナ(目犍連)は、あえてそれをしなかった。超能力でその場をしのぐことができても、前世の業はどのようにも解決できないのである。彼は、一切の超能力を使うことなく、前世の報いを受け入れたのであった。

シャーリプトラ(舎利弗)に続いてマウドガリヤーヤナ(目犍連)を失った釈尊の悲しみはいかばかりであったろう。絶大な信頼を寄せていた弟子2人を、相次いで失ったのである。それからほどなくして、釈尊も入滅したのであった。 (釈迦の本(学研)、その他参照)


追記、法華経を受持読誦することにより、6神通力が身についてきます! それと、法華経の中に業(カルマ)を軽減する実践方法が説かれていますよ。 (西洲)


次回につづく。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。“縁起を見るものは法を見る法を見るものは私を見る”(ゴータマ.ブッダ)この世で起こっていることは、全て因果の法則からなのです。あなたの存在、家族の存在、今の苦しみや障害も、前世からの因果の法則です。そのためにも、少しでも多くの人々に真実(宇宙の真理.法則)を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
訪問者
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR