釈尊と十大弟子、その5(阿難)



2018 2 18

釈尊が涅槃(ねはん)に入るまでの25年間、常にそばに仕えてきたアーナンダ(阿難)


◎ 釈尊の十大弟子........ 釈尊の率いる仏教教団には、聖者の最高の境地である阿羅漢果(あらかんが)の悟りを開いた弟子が500人いた。その弟子を中心に、多くの信者が集まり、仏教教団を構成委していったのである。「十大弟子」 と 呼ばれる人々は、その中核となって教団を支えた弟子たちのことを指す

☆多聞第一 アーナンダ、別名を阿難(あなん)、阿難陀(あなんだ)

※経典会議を機についに悟りを開く


釈尊の教えは、文字にして書きとめられ文書の形で残ったわけではない。釈尊の説法を聞いた弟子たちが、それぞれの記憶に留めていたのである。だから、仏教経典の書き出しは、「如是我聞、にょぜがもん」(私はこのように聞いた) で始まっている。

釈尊が入滅すると、その教えがバラバラになってしまい勝手に解釈されることを恐れたマハーカーシャパ(大迦葉)は、すぐに釈尊の教えをまとめる会議(第一結集)を開くことを決意した。会議には、悟りを開いた弟子たちを参加させねばならない。だが、弟子たちのなかから、アーナンダ(阿難)の出席を望む声が上がった。アーナンダ(阿難)は、まだ悟りを開いてはいないが侍者として常に釈尊のそばに仕え行動をともにしていた。釈尊の教えをまとめるに当たって、最も教えを聞いた者多聞第一といわれるアーナンダ(阿難)を欠かすことができなかった

だが、アーナンダ(阿難)自身は、まだ悟りを開いていない。会議に出席することがためらわれた。自分のように悟りを開いていない弟子には、参加資格がない、出席は遠慮しよう。会議の前夜、アーナンダ(阿難)は夜遅くまで思い悩んだ。はじめて侍者となってから釈尊が涅槃(ねはん)に入るまでの25年間、常にそばに仕えてきた。その間、じかに教えを聴いていたにもかかわらず、悟ることができなかったのであった。いや、だから悟ことができなかったのかもしれない。苦しみ悩んだ夜も明け、いよいよ会議の開かれるという日の朝彼はついに悟りを開くことができた。ここに彼を含めて500人の弟子が集まって、ラージャグリハの郊外、七葉窟(しちようくつ)において経典をまとめる会議が始まった。

マハーカーシャパ(大迦葉)が議長を務め、戒律についてウーパリー(優波離)が中心になってまとめ、教えはアーナンダ(阿難)が中心となってまとめたのであった。そのとき、こんな場面があった。「世尊は細かい戒について廃止してもよい、とおっしゃいました」 アーナンダ(阿難)が、釈尊のことばを伝えると、当然のように質問する者が現れた。「具体的にどの戒を廃止してどの戒を残せといわれたのか」 ところがアーナンダ(阿難)はそこまで確認していなかったのである。アーナンダ(阿難)を責める声が上がった。こんなに大事なことを、どうしてきちんと確認しておかなかったのか、というわけである。結局、会議ではこまかい戒をふくめて遵守(じゅんしゅ)しなければならないという結論に達した。だが、このいわゆる‘小小戒’ (しょうしょうかい)の是非(ぜひ)をめぐる議論は後に教団の分裂を招くほどの問題となっていったのである

ところで、アーナンダ(阿難)についてはもう一つ記しておかなければならないことがある。それは、女性の弟子入りつまり尼僧教団を釈尊に認めさせたのは彼の功績だったということである。釈尊は、女性が出家することを許していなかった。釈尊の育ての親マハーパジャパティは、夫であるシュッドーダナ王の死後、自分も出家したいと釈尊に申し出た。だが、釈尊はそれを許さなかった。どうしても出家したいという願いを捨てきれないマハーパジャパティは、同じ思いを抱く釈迦族の女たちと、黒髪を切り、手に鉢(はち)をもって裸足(はだし)で釈尊の跡を追った。

それを知ったアーナンダ(阿難)は、女性の出家を釈尊に願い出た。釈尊はそれを認めなかった。 だが、これまで釈尊に背いたことのないアーナンダ(阿難)は、何回も願い出て、女性の出家の正当性を主張したのであった。釈尊も、それを良しとして女性の出家者を認めたのであった。 (釈迦の本(学研)、その他参照)


追記、釈尊とはいえ、阿難尊者の願いは聞かざるえない。ということですね(^^)/ (西洲)


次回につづく。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。“縁起を見るものは法を見る法を見るものは私を見る”(ゴータマ.ブッダ)この世で起こっていることは、全て因果の法則からなのです。あなたの存在、家族の存在、今の苦しみや障害も、前世からの因果の法則です。そのためにも、少しでも多くの人々に真実(宇宙の真理.法則)を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
訪問者
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR