釈尊と十大弟子、その9(大迦葉)



2018 3 18

実質的な釈尊の後継者として活躍した大迦葉....。


◎ 釈尊の十大弟子........ 釈尊の率いる仏教教団には、聖者の最高の境地である阿羅漢果(あらかんが)の悟りを開いた弟子が500人いた。その弟子を中心に、多くの信者が集まり、仏教教団を構成委していったのである。「十大弟子」 と 呼ばれる人々は、その中核となって教団を支えた弟子たちのことを指す

☆頭陀(ずだ)第一 マハーカーシャパ、別名を大迦葉(だいかしょう)、摩訶迦葉(まかかしょう)

※清らかな精神を追い求めた釈尊の後継者


マハーカーシャパ(大迦葉)は、頭陀行第一といわれた。頭陀行というのは衣食住に対する執着を払いのけるやめに実践しなければならない行のことである。たとえば、ボロで作った衣を着なければならない(著幣廼納衣、じゃくへいのうい) という行では、彼は釈尊からもらった糞掃衣(ふんぞうえ)をまとって生活をした。あるいは、常に托鉢(たくはつ)して歩き、(常行乞食、じょうきょうこつじき) 、布施(ふせ)されたものを一日1食だけ摂って生活する(受一食法、じゅいちじきほう) という行も、その通りに実践した。彼は出家してから生涯を終えるまで、このような頭陀行を実践し続けたのであった。 

マハーカーシャパ(大迦葉)は本名をピッパリといい、裕福なバラモンの子として生まれた。幼いころから求道心(ぐどうしん)が篤(あつ)出家に対する激しい憧(あこが)れを持っていた。父母は、子どものそうした望みを知っていたので、早く嫁をとらせ、家を継がせようとした。結婚すれば、落ち着くと思ったのである。ピッパリが年ごろになったとき、父母は言った。「嫁を迎え、早く安心させておくれ」 だが、出家の望みを絶ちがたいピッパリは、黄金の娘の像を作らせて、父母に結婚を断るための条件を出した。

「もし、光り輝くこの像より美しい乙女がいるようなら、結婚いたしましょう」 父母は、人をやってそれより美しい娘を探し出したのである。バッダー.カピラーニというバラモンの娘であった。嫁にふさわしい娘がいたときいたピッパリは、自分の眼で確かめるために托鉢する修行者に身をやつして、娘の家を訪ねた。そこで施(ほどこ)しを乞(こ)うと、出てきたのはパッダーであった。これが話に聞いた娘に間違いないと思ったピッパリは、正直に身分を明かし、生涯独身で清浄(せいじょう)な生活を送りたいという自分の望みを素直に打ち明けたのである。「ああ、その話を聞いて安心いたしました。実は私も同じ思いだったのです」 なんとバッダーも同じ希望を持っていたのであった。

二人は、それぞれの親を安心させるために結婚することにした。だが、決して床を共にすることはしなかった。月日は流れ、すでに父母も亡くなった。だが、二人の清浄な関係は変わらない。ある日、油を搾(しぼ)り取ろうと胡麻(ごま)を乾かしていたバッダーは、そこにたくさんの小さな虫を見つけた。今まで油を作るために、知らずに虫を殺していたのかもしれない。その罪を思うと、殺生(せっしょう)するわが身があさましく思われた。そのころ、畑で農作業をしていたピッパリ(大迦葉)も、また、同じ思いにとらわれていた。帰宅した二人は、お互いの気持ちを語り合い、ついに家を捨てて出家することにした。家財をことごとく使用人に分け与えると、自分たちは衣となる布一枚と鉢(はち)を持って旅立ったのであった。

良い師に巡り会ったら必ずお前に知らせるそれまでは別の道を歩もう」 二人は再会を約束してそれぞれ別の道を歩いていった。

妻と別れ、各地を旅して回ったピッパリ(大迦葉)は、ニグローダの樹の下に座っているひとりの聖者に出会ったその姿は見るだけで心が清らかになるようであるその聖者こそ釈尊であった

あなたより他に私の師はいませんどうか私を弟子にしてください」 こうしてピッパリ(大迦葉)は釈尊の弟子となり、カーシャパ(カッサパ)族の出身であるため、以来マハー(偉大なる)カーシャパと呼ばれるようになったのである。教えを聴いて8日目、マハーカーシャパ(大迦葉)は悟りを開いた

尼僧(にそう)教団ができると、マハーカーシャパ(大迦葉)は、神通力で妻のバッダーを捜し出し弟子入りさせた。釈尊の入滅後は、その教えをまとめるなど、実質的な後継者として活躍したのは知られる通りである。 (釈迦の本(学研)、その他参照)


追記、
裕福な家庭にお生まれになった大迦葉。豊かだった生活の全てを捨てて出家されてから亡くなるまで頭陀行を実践されました。
自分にはこの道だという強い信念で貫かれたことが大きいと思います。そして、幸運にもお釈迦さまと出会いお弟子になります。
出会うなり「私は世尊の弟子です」と一方的に宣言したところに大迦葉の強い気持ちが表れています。そして八日後に独力で悟ったということです。釈尊は摩訶迦葉尊者の能力を見抜かれた上でお弟子になることを許されたのかもしれませんね。このエピソードには、私たちには想像もつかないものがあります。 (白蓮堂)

次回につづく。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。“縁起を見るものは法を見る法を見るものは私を見る”(ゴータマ.ブッダ)この世で起こっていることは、全て因果の法則からなのです。あなたの存在、家族の存在、今の苦しみや障害も、前世からの因果の法則です。そのためにも、少しでも多くの人々に真実(宇宙の真理.法則)を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
訪問者
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR