釈尊と十大弟子、その10(迦旃延.かせんねん)



2018 3 25

教えをわかりやすく説くことに長(た)けていた迦旃延(かせんねん)....。


◎ 釈尊の十大弟子........ 釈尊の率いる仏教教団には、聖者の最高の境地である阿羅漢果(あらかんが)の悟りを開いた弟子が500人いた。その弟子を中心に、多くの信者が集まり、仏教教団を構成委していったのである。「十大弟子」 と 呼ばれる人々は、その中核となって教団を支えた弟子たちのことを指す

☆広説(こうせつ)第一、論議第一 カーティヤーヤナ、別名を迦旃延(かせんねん)

※苦労しながらも異国の地での布教に励む


広説(こうせつ)第一、教えをわかりやすく説くことに長(た)けていたカーティヤーヤナ(迦旃延)は、辺境で布教をしていたため、さまざまな障害を乗り越えなければならなかった。なかでも授戒(じゅかい)の問題は深刻だった。これから紹介する話は、カーティヤーヤナ(迦旃延)の辺境での苦労を伝えるとともに、戒律に対する釈尊の柔軟な姿勢を物語っている。

カーティヤーヤナ(迦旃延)は、コーサラ国のはるか西、アバンティ国で、布教をしていた。あるとき、彼の侍者(じしゃ)であるソーナコーティカンナという青年が、自分も出家して修行の生活を送りたいと言い出した。だが、仏教教団に入り出家者としての生活をするためには、具足戒(ぐそくかい)という僧の守るべき戒を受けなければならない。その儀式には3人の師と7人の比丘(びく、出家者)の証人がなければならない。つまり10人の出家者が必要だった。ところが、アバンティ国には、僧がほとんどいない。

だが、カーティヤーヤナ(迦旃延)は、苦労の末、なんとか10人の僧を集め、ソーナに戒を授けて出家させてやったのであった。出家したソーナは、釈尊に会いたいという望みを叶(かな)えるべく、許されて旅立つことになった。そのとき、カーティヤーヤナ(迦旃延)は、ソーナにこう言った。「ソーナよ、世尊に会ったらこのように伝えてほしい。遠い異境の地では、僧の数がきわめて少ない。どうかこれからは、具足戒を授ける僧の数を減らすことをお許しください、と」

長い旅をつづけ、祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)に着いたソーナは、釈尊に会ってカーティヤーヤナ(迦旃延)の伝言を告げた。ソーナの言葉に耳を傾けていた釈尊は、静かに言った。

「アバンティ国においては、5人の僧によって具足戒を授けることを許そう」 そのほか、文化や自然環境の違いで守ることの難しい2,3の戒をその風土に合わせて改めることを許したのであった。 (釈迦の本(学研)、その他参照)


追記、10人の出家者が必要というルールは絶対だと思いがちですが、お釈迦さまはここでも柔軟な考えかたを示されました。状況に応じて対応すれば良いというのは、10人の証人を探すことより、戒を守り実践していくことを重んじられたからだと考えます。
臨機応変に考え、対応していくというのも大切なことだと思います。 (白蓮堂)

次回につづく。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。“縁起を見るものは法を見る法を見るものは私を見る”(ゴータマ.ブッダ)この世で起こっていることは、全て因果の法則からなのです。あなたの存在、家族の存在、今の苦しみや障害も、前世からの因果の法則です。そのためにも、少しでも多くの人々に真実(宇宙の真理.法則)を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
訪問者
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR