諸経の王「法華経」の世界とは その3 (久遠実成)


永遠の生命を通じて私たちに呼びかけを続けるお釈迦様 ....... 久遠の仏陀釈尊 ...... の声、それが「法華経」 です。現代においてもこの経典の影響の大きさには計り知れないものがあり、そのあまりにも大きな思想とその存在について、その一端をたどってみたいと思います。


2018 4 29

仏の教えの永遠性、久遠実成とは。




◎法華経の三大思想


宇宙の統一的真理 (一乗真実、いちじょうしんじつ)
仏の教えの永久性 (久遠実成、くおんじつじょう)
「妙法蓮華経」 の弘通 (菩薩行道、ぼさつぎょうどう)

〇久遠実成(くおんじつじょう)

「法華経」 は中盤にいたると常識を覆(くつがえ)す驚くべきことを語り始める。歴史上の釈尊の軌跡(きせき)を、ある意味で‘否定’ してしまうのである。釈尊は紀元前5世紀ころに生誕(せいたん)し、29歳で出家、さまざまな修行の末、35歳で「悟り」 に到達したとされてきた。しかし、そうした過程はあくまで‘仮の姿’ だったというのである。

「法華経」 の真髄(しんずい)である第十六.如来寿量品の釈尊は、こう話しだす。「私は悟りを開いてから今日にいたるまではかり知れないほどの歳月を生きている分別を遥かに超えた無量無辺(むりょうむへん)久遠の過去に仏となり過去現在未来にわたって永遠に人々を教化し続けているのです」 ...............

紀元前後の大乗仏教の成立期にあってさえ、過去の尊氏となっていた釈尊が、突然、現在のものとなってしまったのである。そして、未来にも永遠の生命を保ちながら教え導くという ............ 。まさに価値観の驚異的な変化なのだが、こうした動きにより、大乗仏教は釈尊の直接的教化による一般庶民の救済という新たな側面を持ち始めたのである。

※民衆を救済するための仮の姿

いかにもインド的な時空を超越した独特の宇宙観ともいえるが、この‘久遠仏’ は急に創出(そうしゅつ)されたものではない。釈尊が入滅したのちまもなく、釈尊をどう位置づけるべきであるかという論議が巻き起こった。釈尊自身は自らの生命の終焉(しゅうえん)に臨んで弟子たちにいい残した。「私が亡(な)きあとは、大宇宙の真理(法)と自分の心を、ともに灯(あか)りとしなさい」 しかし、弟子たちにとっては、亡くなった釈尊自身が大宇宙の真理だった。追慕(ついぼ)の念はつのる一方で、まもなく遺物(いぶつ)や遺跡への崇拝が始まる。それとともに、釈尊の肉体は滅びたが、本身は滅びないという考え方が発生した。さらに本来は永遠なる存在だったが、民衆を救済するためにこの世に姿を現したという考えに発展していくのである。

宗教における教祖へのこうした位置づけは普遍的なことであり、イエス.キリストの「復活再降臨」 への信仰も、その代表的なものといえるだろう。時間への概念に永遠性と神秘性を持たせることが顕著(けんちょ)なインド的想像力においては、さらに容易な展開だったのかもしれない。やがて仏身論は、より複雑な様相を呈(てい)し、法身(ほっしん).報身(ほうじん).応身(おうじん)の三身(さんじん)論が出現する。法身とは宇宙にあまねく存在する無始無終(むしむしゅう)の仏、報身とは請願と修行によって仏となった有始無終(うしむしゅ)の仏、応身とは悟りと入滅を持った有始有終(うしうしゅう)の仏である。

こした区分では、釈尊は応身の仏とされる。われわれと同じ体を持ってこの世に生を享(う)け、修行し、悟りを得るにいたったのだから ............... 。 ところが「法華経」 は、この三身を一体として、釈尊こそ永遠の生命を持った存在だと定義したのである。

※「法華経」 に見出す運命的な救済論

「法華経」 が説く「久遠の仏があって、過去も現在もこの世にあり、さらに未来の果てまでも無上の教えを説く」 という教えは、一般民衆の立場からも理解しやすい。逆にいえば、一般民衆の潜在(せんざい)的な支持や欲求が、ある程度、その出現に力を及ぼしたのかもしれない。残念ながら、インド本国では信奉者はあったものの、大きな潮流(ちょうりゅう)とはなり得ず、まもなく仏教そのものも衰退していく。

しかし、中国へそして日本へと渡って(はな)開いた法華信仰は、救済という現世利益から庶民の間に浸透(しんとう)して、強い支持を得ていくことになる。

日蓮聖人は「法華経」 の優位性と絶対性を発見し運命的な民衆救済を「法華経」 の中から見出したのではないだろうか。
(日蓮の本、学研、その他参照)


追記、「自灯明法灯明」という言葉を聞かれたことがあるかもしれません。
それは、お釈迦さまがなくなるまえにお弟子さん達におっしゃったこと、「自分自身と法(教え)をよりどころとしていきなさい」ということですね。お釈迦さまという存在がなくなっても、受け継がれた教えは滅び流ことがないということですね。


次回につづく。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。“縁起を見るものは法を見る法を見るものは私を見る”(ゴータマ.ブッダ)この世で起こっていることは、全て因果の法則からなのです。あなたの存在、家族の存在、今の苦しみや障害も、前世からの因果の法則です。そのためにも、少しでも多くの人々に真実(宇宙の真理.法則)を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
訪問者
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR