第3章 譬喩品 一切衆生を救うための喩え その3



上目線
法華経を世に広めることは、困難を極める.....

上目線で、ものいう人たちや疑う人たちがいっぱいです。

お釈迦様も当時は、真実を世に広めることは困ったことでしよう!


◎華光如来

はじめ仏の説法を聞いたときには、仏が悪魔に化けて自分の心を悩乱するのかと思った舎利弗も仏の教えを聞いてこの疑いを断つことができた。

自分もまた仏となって、無上の法輪を転じて 菩薩を教化しなければならないと、誓ったのであった。

この誓を聞いた世尊は、舎利弗が未来の世において必ず仏になると宣言し、蓮華光如来(華光如来)という名前であると予言した。

またその蓮華光如来が住む国は、「離垢」(りく)という名前であるという。それは安穏にして豊かな理想の世界である。この蓮華光如来もまた三乗の教えを説いて衆生を教化する。その国には、たくさんの菩薩が住み梵行(ぼんぎょう)を修している。さらに、蓮華光如来はさらに堅満菩薩(けんまんぼさつ)に無上の悟りを予言した。堅満菩薩もまた次に仏になるであろうと…

世尊はこのことを繰り返して偈文(げもん)で説いた。舎利弗はどんなに感激したことか。自分が仏になれることを宣言してくれたばかりではない。仏になったときの名前までも教えられたばかりか、説法する国土の名前を知ったからである。

舎利弗は、自分のようなものでも、菩薩道に励み修行さえすれば、仏になれると確信を与えられたからである。それだけでなく、自分の弟子の中からも仏となるべき人が必ず現れると予言された歓喜は、想像するに余りある。

またそれは、舎利弗だけの喜びではなかった。比丘、比丘尼、在家の信者をはじめ天・竜など八部衆のよろこびでもあった。
帝釈や梵天などは、天から花を撒き散らし衣服を空中に舞わせ、妙なる音楽を奏でた。

天上の神々は言った。

「仏は昔鹿野苑で初めて法輪を転ぜられたが、今、またこの上ない最高の教えをお説きになられるのだ」と。


続きは次回…


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  



テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。“縁起を見るものは法を見る法を見るものは私を見る”(ゴータマ.ブッダ)この世で起こっていることは、全て因果の法則からなのです。あなたの存在、家族の存在、今の苦しみや障害も、前世からの因果の法則です。そのためにも、少しでも多くの人々に真実(宇宙の真理.法則)を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
訪問者
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR