第3章 譬喩品 一切衆生を救うための喩え その6



大白車
大白牛車 (写真はイメージ)


子供達みんなに平等に.......


◎大白牛車を与える

子供たちが飛び出したので、長者は初めて安心した。
子供達は無事に火宅を出て四方に通じる路地に座っている。

子供たちは父親に言った。「父上、私たちが喜ぶ玩具を早くください。たとえば、羊車、鹿車、牛車などです。」と。

その時 長者は、子供の言葉を聞いて子供達に誰にも平等に同じような大きな車を与えた。
その車は、大白牛車といわれた。
その車は大きく、あらゆる飾りを付け、周りに欄干があり、鈴がつけられ、中には敷物が敷かれ、それをひく牛は真っ白で美しく、速く走る。大勢の従者がそのうしをひいている。


長者はなぜ、こんな立派な車を子供達に与えたのであろうか。
長者は、自分には、多くの財産があるのだから、子供達みんなに平等に与えなければならないと考えた。一切差別なく皆に与えなければならないと…。

子供たちは自分たちが望んでいたものよりも ずっと立派な車を与えられてびっくりした。

世尊は、舎利弗にお尋ねになった。
「お前は、このことをどう考えるか。約束よりももっとすぐれた大白牛車をあたえたことは、嘘をついたことにはならないのか?」

舎利弗は「決して嘘つきとは言えません。長者が子供たちを火難から救い、その生命を全うさせただけでも、嘘つきとは言えません。身命を全うすればおもちゃは得られるものです。火事で焼け死んでしまえばそれまでです。方便で火宅から救い出したのは、決して嘘ではないのです。大白牛車を平等に与えたのだから、決して嘘つきではないのです。それは、子供たちの幸せのためであって、嘘つきどころでは、ありません。」とこたえた。

まず、方便の教えを説き、それから真実の教えを説いたのであるから、嘘つきどころか本当にありがたいことなのである。


では、続きは次回…


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  



スポンサーサイト

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
訪問者
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
今日の時事英語
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR