見かけで人を判断しない


2019 3 24


このご馳走は私に出されたものではなく袈裟に出されたものである (一休)



今日はとんち話でも有名な一休さんのお話でです。

富豪の家で盛大な法要が営まれ、一休は主賓として招かれました。

一休は普段からみすぼらしい格好をしており、この時もいつもと同じ質素な袈裟(僧の衣服)を着て訪れました。

すると家の者たちから「乞食坊主が何しに来た。汚らしいヤツめ」と追い返されてしまいました。

そこで上等の袈裟に着替えて、再度出向いたところ今度は「ようこそいらっしゃいました。」と歓迎してくれました。

やがて法要が終わり、食事になったのですが、一休は横に袈裟を置いたまま箸をつけようとしません。

富豪が「なぜですか。」と尋ねると一休はこう返答しました。

私がこの家に迎えられたのは。豪華なこの袈裟を着ているからです。

それなら、この袈裟にご馳走をさせればよいでしょう。」

人を見かけで判断しようとする富豪たちに嫌味を口にすることで反省を促したのです。

…人を持ち物や身に着けているもの、学歴や役職、収入で判断していることはないでしょうか。

今の世の中ですと多少は相手に与える印象もありますから、TPOにあった服装も大切だとは思いますが、ここで一休さんが教えてくださっているのは「服装で相手を判断するのではなく、相手の本質をみるのですよ!」ということですね。

質素な袈裟でも豪華な袈裟でも一休さんであることには変わりないのですね。

学歴や役職でも同じようなことが言えると思います。相手の学歴や役職に振り回されていることはないでしょうか?

そういったものに惑わされず、分け隔てなく付き合うこと…相手の本質を見抜く力も大切なようです。

(白蓮堂スタッフ恵さん)から


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。“縁起を見るものは法を見る法を見るものは私を見る”(ゴータマ.ブッダ)この世で起こっていることは、全て因果の法則からなのです。あなたの存在、家族の存在、今の苦しみや障害も、前世からの因果の法則です。そのためにも、少しでも多くの人々に真実(宇宙の真理.法則)を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
訪問者
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR