第3章 譬喩品 一切衆生を救うための喩え その9



観世音菩薩

次元を変え自由自在に姿を変えて悩める人を救う観世音菩薩様!


菩薩とは、仏の教えを深く信じるまでは同じであるが、求める対象が前二者(声聞.縁覚)とは異なる。修業して何を求めるかといえば、一切智、仏智、自然智、無師智や仏の知見と無畏(むい)の力である。 本来われわれに備わっている仏智を完全に発揮した智慧を求める。衆生を利益し一切の人々を救うことである。

観世音菩薩は阿弥陀如来の脇侍(きょうじ・わきじ)として法華経の普門品第25章の経典、観音経として有名ですが、実は素の神様が次元界を変えたお姿で仏教界にお出ましになり、阿弥陀如来のサポート役を担っているのです。



◎家宅を出てず(その2)

仏は、いきなり人々に仏の神通力や知恵を説いても、理解されないと考えた。

人々は、三界の火宅に焼かれ生老病死、憂悲、苦悩の中に生きながらそれに気づかないのである。

そういう人々に仏の智慧を説いても理解されないのである。

仏は、人々に三界の火宅に住してはならないと説く。我々の五根に楽しみや、こころよい気持ちを与えるものを貪ってはならない。

よい香りや、美しい姿、綺麗な声に誘惑さて、それに愛着すれば、愛欲の火によって焼かれなくてはならなくなる。

速やかに火宅を出て、三種の教えを求めるように努力しなければならない。

この三種の教えを、実行すれば、心は自在になり、何者にもさまたげられない、無礙の境地をえることができる。

この教えによって、禅定(心の統一・精神の集中)三昧(安定した精神状態)の修行を行えば、必ず安楽の境涯が得られるのである。


では、続きは次回…


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  



スポンサーサイト

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
訪問者
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
今日の時事英語
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR