取り越し苦労


2019 2 3



最善の生き方は

明日のことは考えないようにすることである


(臨済宗の僧 一休)



古代中国の思想家荘子にまつわるエピソードです。

荘子が農村を歩いていたら、一人の農夫が近づいてきてこう言いました。

「今年は日照りが続いたため、作物がほとんど育ちませんでした。年がこせるかどうか心配でなりません。」

荘子は次のように答えました。

「お前さん、自分がいつどうやって死ぬか考えたことがあるかい。

明日、ひょっとしたら心臓発作でポックリいくかもしれない。

半年後、あるいは一年後に大怪我を負って死ぬかもしれない。

あるいは100歳まで生き延びて、大往生を遂げるかもしれない。

いつどうやって死ぬかは誰にもわかるものじゃない。

死生は人生の一大事だがそれで心を煩わすのは実に馬鹿らしい。

まして、年が越せるかどうかを心配するのはなおさら馬鹿らしいと思わないか」

その通りです。取り越し苦労はするだけ無駄なのです。先のことを憂いたからといって先がわかるわけではありません。

何か手を打てるわけでもないでしょう。

そんな無駄なことで不安がったり、悩んだりすることは馬鹿らしいことです。

そう気づけば悩みはスーッと軽くなっていきます。

(名僧101の名言)


この世の中は自分の思ったとおりに引き寄せていると聞いたことがあります。

悪い想像をしている人は結果を引き寄せてしまうし、いつも幸せなことを考えている人は幸せを引き寄せているのだそうです。

友人にいつも娘を送り出す時に「娘が交通事故に遭ったらどうしようって思うのよ。リアルに血を流して倒れる場面まで想像してしまう。」と言ってた人がいました。

気をつけるに越したことはありませんが、やはり

「今日も元気に学校に行けてよかったね。大丈夫だから、ちゃんと気をつけて今日も一日頑張りましょうね」という気持ちで送り出せたらさらに良い学校生活を送れたのではないかと思います。

なぜなら、交通事故には遭わずに済みましたが、そのお子さんは学校でもお稽古ごとでも、人間関係の事故(トラブル)がとても多かったのです。

私たちは取り越し苦労をせず、明るい気持ちで物事を考えていく方が幸せなことを引き寄せそうです。

(白蓮堂スタッフ恵さん)から



法華経の入手の仕方や方法は


※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。“縁起を見るものは法を見る法を見るものは私を見る”(ゴータマ.ブッダ)この世で起こっていることは、全て因果の法則からなのです。あなたの存在、家族の存在、今の苦しみや障害も、前世からの因果の法則です。そのためにも、少しでも多くの人々に真実(宇宙の真理.法則)を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
訪問者
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR