花の香りは…



2020 4 26

徳のある香りを出せるようになりたいものです



ダンマパダ(『法句経』)54に「花の香りは風に逆らっては進んで行かない。 栴檀もタガラの花もジャスミンもみなそうである。 しかし徳のある人々の香りは、風に逆らっても進んで行く。 徳のある人はすべての方向に薫る」 と説かれている。 ここにいう栴檀もタガラの花もジャスミンも相当に強い香りのするものです。 しかしその香りは風上には流れない。

ふと思い出されるのは、平安前期の学者・政治家であって『類聚国史』 を編み、その当時徳の高い人物とされた菅原道真が大宰府に左遷された後に詠んだとされる句「東風吹かば匂ひおこせよ梅の花 主なしとて春な忘れそ」 です。 ここでも梅の花の香りは風によって運ばれるのです。 しかし彼の徳による名声はすでにいたるところに伝わっていたのです。
徳とは善い行いによって身についた品性であり人柄のことで、しかも人を感化する人格的力をいうのです。 やっぱり「悪いことはするな、善いことを行え、そして自ら心を浄めよ」 ということに尽きるのです。

私たちのようにお経を学んでいるものは、いい教えと出会うたびに「伝えたい、広めたい」 という気持ちになります。でも、ここで気をつけなければならないのが「押し付けない」 ことだと思います。

お釈迦様の教えでさえ、耳を傾けようとしない上増慢の者たちが席を立っていきました。 でも、お釈迦様は引き止めることもなさらなかったし、その者たちを悪く言われることもありませんでした。

教えにご縁がないのは、「まだその時期になっていないから」 ではないかと私は思います。教えを聞けずに席を立ってしまう人たちも、日々経験を積み成長していくことには変わりないと思います。

お釈迦様もきっとその教えを聞かなかった故に起きる経験も見守ってくださっています。 そして遠回りしても教えにご縁を頂いた時、暖かく包んでくださるのではと思っています。

花の香りのように、「なんだかいい香りがする」 そんな自分になれた時に「あなたが学んでいることを一緒に学びたい」 と言ってくださる方があるかもしれません。

お経の教えを声高らかにお伝えするのも素晴らしいことですが、自分から滲み出る香りに(実践)一緒に学びたいと言っくださる方がいたら幸せなことだと思います。

徳のある香りを出せるようになりたいものです。

(白蓮堂スタッフEさんより)


追記、徳のある香りを出せるようになりたいですよねキラキラ 押しつけないことですね(^^;
でもどうやって、法華経の凄さを知ってもらえるかは、私たちの修行ですが、徳のある香りを出せるように励まないと行けませんね(^^;


 法華経の入手の仕方や方法は


※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。“縁起を見るものは法を見る法を見るものは私を見る”(ゴータマ.ブッダ)この世で起こっていることは、全て因果の法則からなのです。あなたの存在、家族の存在、今の苦しみや障害も、前世からの因果の法則です。そのためにも、少しでも多くの人々に真実(宇宙の真理.法則)を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
ランキング
最新記事
訪問者
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
ことわざ
Powered by www.seiku.net
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR