第4章 信解品 菩薩の道への教え その5



チンプンカンプン
法華経は難解難入の教本です


この度、白蓮堂ブログを読んでいただき、九州エリアのMさん、法華経の入手の仕方のご相談ありがとうございました。

法華経を入手されましても、意味がよく解らないので、白蓮堂では法華経を判りやすくご理解いただけるための解読書も一緒にセットでご提供をさせていただいています。

これがあれば、ご自分の霊性で読める‘法華経’になるはずです!

私も法華経を手にしてから、お釈迦様がいう本当の意味が判るまでに20年以上かかりました.........

ですから、私も応援しますので、頑張りましょう (~o~)



◎大を楽(ねが)う心

声聞たちが精進努力して求めた悟りは人生の苦しみ、人間の欲望を除き去ることが目的であった。
それは、小乗(自分の為だけの悟り)の悟りであった。仏はまず、小乗の教えで良いと考えられて、方便の教えである小乗の教えで良いと言われたのであった。

四人の声聞たちは仏がその智慧をお説きになられても、自分たちはこれで良いと考えて大乗の教えを求める志をたてなかった…と懺悔した。

仏は、声聞たちの志が低く、目の前の悟りしか求めていないことを知っておられたので、声聞にもわかる程度の教えをお説きになった。そして、自分たちもそれで十分だと満足していた。

我々に「大を楽(ねが)う心」があれば、仏が大乗の教えをお説きになられる。

「大を楽う心」とは、自分さえ良ければよいという心を捨てることである

昔、仏は小乗の教えを求めるものは程度が低い、と言って叱ったが、それは、発奮させて大乗の教えを求める気持ちをおこさせるためでもあった。叱ることによって、目覚めさせるためである。

目覚めた人は仏と同じになれることがわかると、「今、法王の大宝、自然にして至れり」ということが、身にしみて解ったのである。法王の大宝とは、大乗の教えである。



続きは次回…


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  



スポンサーサイト

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
訪問者
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
今日の時事英語
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR