第5章 薬草喩品 修学のための教え その11



気づき
本人の御魂がいかに気づくかだけです.......


いつ本人が気づくかが問題!

※諸行無常.....この世の現実存在はすべて、すがたも本質も常に流動変化するものであり、一瞬といえども存在は同一性を保持することができないことをいう。



◎無限の修行(その2)

小の薬草とは、人間界の…転輪聖王(てんりんじょうおう)や、天上界の帝釈天、梵天などの類である。

中の薬草とは、山林で修行し、縁覚の悟りを得たものである。

上の薬草とは、仏になることを目指して精進努力し、修行に励む者である。

薬草に小、中、上の三種類があるように、仏の教えを聞いて修業しても、世間の王縁覚菩薩三種の人になることを言う。

木にも二種ある。小樹と大樹である。

小樹とは仏子であり、仏になれることを確信して仏道を修行し、常に慈悲の気持ちをもっているものを小樹にたとえる。

大樹とは、菩薩である。どんなことがあっても屈することなく、不退の決心を以って教えを広め、限りなく人々を救う菩薩を大樹にたとえる。


鳩摩羅什(くまらじゅう)訳の「法華経」の薬草喩品の最後は、「漸々(ぜんぜん)に修学して、悉く(ことごとく)当(まさ)に成仏すべし。」で終わるが、この経文は十分に味わわなければならない。

これから歩む道は菩薩の道であり、その菩薩の道を少しづつ修学してついに皆成仏しなければならない

どんな仕事でも、学問でも、芸術でも、一足飛びにわかるものではない。一歩一歩と前進して積み重ねてゆく時、はじめて成就することができる。

「薬草喩品」の喩えは、様々な草木が雨にうるおされて、それぞれ成長を遂げて行くということであったが、仏の慈悲はこの雨と同じように平等にふりそそいでくれる。

仏は私たちに平等に教えを説いて下さる。この仏の教えを受ける私達は、それぞれの能力、素質に応じて仏の教えを理解し、実行すればよい。しかもその修行は漸々にやることが大切である

第5章 薬草喩品はこれでお終いです。

次回から第6章 授記品 に入ります。 乞うご期待を!



法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  



テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
訪問者
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR