第7章 化城喩品 精進を持続させる喩え その1



出遭いは
いい人と、いい芸術と、いい本との出逢いが......


人生を変える3つの宝ものです。

是非とも、三千年に一度だけ花が咲く木であるといわれる優曇華(うどんげ)を得たのにもまさる、法華経とご縁がありますように、こころからお祈りいたします。


この第7章から、いよいよ心のあり方、教えが出てきます。

とても大切な章です。 (^.^)



◎無限の過去を見通す

「法華経」は一大叙事詩であり、大きなドラマを説き明かした宗教文学である。

そのため、一章(各品)を読むだけでなく、各章それぞれ説かれたことを深く味わいながら、その全体像を把握することに努めなくてはならない。

この品が「化城喩品」と言われるのは、この品の最後に化城宝処(けじょうほうしょ)の喩えがでてくるからである。

しかし、この品の主題はあくまでも大通智勝仏が悟りを開かれた「宿世の因縁」である。

遠い遠い無限の過去に大通智勝如来と言う仏がおられた。

その国は「好城」と呼ばれ、その時代は「大相」といわれた。

その仏が入滅してから今に至るまで、言葉で言い表すことができないほど長い時間が経った。

われわれは、そのような無限の過去の仏のことなど到底知ることができないが、
「我、如来の知見力をもっての故に、彼の久遠を観る事猶(な)お今日の如し」と仏は深い智慧の力によって、永遠の仏の状態を目の当たりに見るかのように見ることができると言われたのである。

無限の過去のことがどうして今わかるのであろうか。

それは、仏の教法というものが絶対不変であるからである

過去も、今も仏の説く教えはまったく同一である。そして、今日(今)というのは無限の過去からのつながりとして今日があるのである

そして、未来へとのつながりとして今日があるのである

今日を今日だけとして考えてはならないのである

今日は永遠の中の今日である

そう考えれば今日は喜ぶべき一日である

過去から未来へとつながる今日という一日は、尊い一日だと深く味わうべきであろう。

「心地観経」のなかで、仏智を鏡に喩えている。

大きな円い鏡の中には、あらゆる物の像が映現する。それとおなじく如来の浄らかな智慧の中には衆生の善悪の行為がすべて映るのである

仏の無礙智(むげち)のなかには、無限の過去の大通智勝仏の時代がすべて映現しているのである

続きは次回…


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  



テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
訪問者
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
今日の時事英語
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR