第7章 化城喩品 精進を持続させる喩え その6



真田幸村
人生守りに入るともろいですよ!(写真は参照)


人生、目標をもって、死ぬまで生きる!! という覚悟が必要です。


◎煩悩を取り除く

八苦とは?

四苦とは、生、老、病、死であり、八苦とはこの四苦に怨憎会苦、愛別離苦、求不得苦、五蘊盛苦の四つを加えたものである。

怨憎会苦(おんぞうえく)とは........怨みを持つ人、憎しみを感ずる人と会うのは苦であるということ。
嫌な人と会うのは苦であるが、積極的に相手と意思を通じさせ強調していくことによって、豊かな世界が開かれるのも事実である。

愛別離苦(あいべつりく)とは........愛するものと別れるのが苦であるということである。
死が苦であることの原因のひとつもこの愛別離苦である。

求不得苦(ふぐとっく)とは........求めるもの欲しいものが得られない場合の苦しみである。
現代の世の中では、精神的不満によって肉体がさいなまれていくことが多い。

五蘊盛苦(ごうんじょうく)とは........肉体に執着する限り苦しみは絶えない。


四諦の第二である「集諦(じったい)」の集は、集まるという意味であり、「集まり起こること」でもある。

金でも権力でも集まりすぎると苦しみの原因になる。

苦悩の原因は果てしない人間の欲望にある。

仏教では欲望のことを「渇愛(かつあい)」ともいう。のどが渇いたものが水を欲しがるような渇きをいう。

「法華経」の比喩品に「三界火宅の喩え」があったが、我々は煩悩の業火に焼かれて生きているのである。

続きは次回…


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  



テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
訪問者
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
今日の時事英語
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR