第1章 序品 「法華経」の説く最高の真理その6



六波羅蜜
見返りを望まないことです



六波羅蜜菩薩の実践すべき六つの修行徳目

 波羅蜜とは、梵語パーラーミーターの音写語で、彼岸に至ることの意味で「度(ど)」と訳される。そのため、「六度」ともいう。

*(布施)…与えること。財施(ざいせ)…物を与えること。法施(ほっせ)…真理を教えること。無為施(むいせ…安心をあたえること。
*(自戒)…戒律を守ること。
*(忍辱)…苦しみに耐え忍ぶこと。
*(精進)…たゆまず精進すること。
*(禅定)…精神を統一すること。
*(智慧)…正しい智慧を得ること。

この六波羅蜜の中で特に強調するのは、布施である。仏滅後の後に舎利を供養すること。
また それを祀る塔廟を作ることの重要性がとかれています。

いずれも慈悲の心を持ち、損得や地位、プライドなどの執着から離れ、清らかで安らいだ気持ちで自らの意思で喜んで行ってはじめて 行となります。


布施とは、一般的には お金や品物を捧げることをいいます。(財施)
財施や法施ができなくても、誰でもできるお布施を「無財の七施」といいます。

*眼施…人々に優しいまなざしを向けていくことです。
*言辞施…親切で温かな言葉をかけていくことです。
*心施…相手を思いやる心をもつことです。
*和顔施…優しい笑顔で人と接することです。
*身施…自分の体を使って人々に施すことです。奉仕作業やボランティア活動など。
*床座施…席を譲ることです。
*房舎施…家に人を招いてもてなしたり、泊まらせたりすることです。

布施をする上で大切なことは、見返りを望まないことです。見返りという、とらわれを捨て相手の幸せのみを願って行う布施行のみが、真の布施行となっていきます。
できることから、はじめてみませんか?

(注)世の中、自分への見返りを求めてばかりの人が多すぎです ^_^; 


では、続きは次回…


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  



テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
訪問者
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
今日の時事英語
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR