第8章 五百弟子授記品 生得の仏性を開く その1


鏡
法華経は自分を美しく写しだします。(写真はイメージ)


鏡に写る自分の姿は?


さあ~法華経の第8章に入ります! これからがいよいよ凄くなりますよ !(^^)!


◎必死の説法…布教の信念

この品では、富楼那(ふるな)をはじめとして1200人の声聞が将来必ず仏になれるということ(授記)を許されることを説く。
1200人の弟子たちが将来仏になれるという約束を受けるのに「五百弟子授記品」とはおかしいと思われるが、実は1200人の弟子の中でまず500人が授記され、その500人の弟子は「衣裏の珠(えりのしゅ)」の喩えを説いて感謝の気持ちを表したので、特に「五百弟子授記品」と名付けられたのである。500人とは数多くの弟子という意味に取っておけば良い。

富楼那は仏の十代弟子の一人で、説法第一の人と称せられた。

能弁であっただけでなく、人々に仏の教えを理解してもらいたいという情熱を持って教えを説く人であった。

仏が長いあいだ説法の訓練を経て、初めて各地へ伝導のために各地へ派遣しようとした。

その時富楼那は、ユルナという国で教えを説きたいと仏に願い出た。

仏は、「ユルナの国の人は大変凶悪で、乱暴で人を罵るが、もし、罵られて教えを聞かなかったらどうするか?」

富楼那は、「罵られても、石で打ったとしても、刀できがいを加えることはしないでしょう」と答えた。

仏はさらに、「もし殺されたらどうするか」

と尋ねると富楼那は、「いずれ朽ち果てる自分の身が殺されても教えのためならかまいません。」

仏は富楼那のその言葉を聞かれ、「それだけの決心があれば、ユルナ国にいって教えを広めなさい。」といった。

富楼那は不惜身命(ふしゃくしんみょう)の決意を説法に託したのであった。

法を人に解くのは人を救うことであるという堅固な意志がなければ、伝導布教もできないのである


続きは次回…


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  



スポンサーサイト

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
訪問者
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
今日の時事英語
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR