第9章 授学無学人記品 その1



阿難と羅ご羅
逆境を乗り越えて人間釈迦は成長した。



◎阿難と羅ご羅(あなんとらごら)

この「授学無学人記品」は阿難と羅ご羅をはじめとして、多くの弟子たちが授記を授けられた因縁を説いている。

この品の題名である「授学無学人記品」の学無学とは、学人と無学人ということである。学人というのはこれから学ばばければばらない人、無学人とは学ぶべきことがない人、つまり、卒業した人のことである。

無学とは学ぶべきものなしという最高の位である。

この品ではこれらの人が授記を受けることを説いている。

この品で一番先に授記を受けるのは阿難羅ご羅である。

阿難は釈尊のいとこであり、提婆達多の弟である。兄の提婆達多は生涯釈尊と対立して仏の敵となり、多くの罪を作ったのに対して、弟の阿難は25年の長い間、仏の弟子となり、侍者として仏に仕えたのであった。


法華経の「提婆達多品」の中で、釈尊は正しい悟りを得られてあまねく衆生を救うことができるようになったのは提婆達多のおかげであるといっている。

しかも、提婆達多を「善知識」とよんでいる。

釈尊に迫害を加えた提婆達多の存在によって、釈尊が人間として大きな徳と力をそなえることができたのを感謝しての言葉である

続きは次回…


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  




スポンサーサイト

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
訪問者
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
今日の時事英語
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR