第9章 授学無学人記品 その4



一歩一歩と
一歩一歩、山登りをするように.....



◎仏道を学ぶには

僧とは、「和合」の意味であって,仏の弟子たちはどんな人であってもすべて和合して生活しなければならない。仏もまた同じ仲間の中にあって和合の中で教えを説こう、と言われたのである。

「増一阿含経」では、僧とはまず,よい行いをする人であり、また戒律を厳守し三昧、智慧、解脱,知見を完成する人でなければならない。

僧は世の中の福徳を生み出す大いなる原因であるから,世間の人はこれを敬い、礼拝しなければならないと説いている。僧は真理を求める和合の集団であるり、仏もまたその中の一員として教えをお説きになられるのだという。

阿難は「持法者」と呼ばれた。

持法者とは教えを護持する人のことである。法を守り伝えていく人のことである。

世尊は、阿難が自分が死んだ後も教えを必ず守護してくれるひとと信頼して「持法者」と言ったのである。

※仏道とは「仏の開かれた道」であると同時に、「仏になる道」である。

※仏道の因縁は菩薩として一切衆生を救うことである。利他行を行うことである。

※菩薩行を立派に果たすことによってついに仏道を完成することになる。


菩薩の行いを一歩一歩学んでゆく道が「仏になる道」に通じるのである。

続きは次回…


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
  




テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
訪問者
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR