釈尊の言葉 その5



2017 10 22

仏教は強力な現世利益をもたらす呪力をもっている。



※釈尊は呪術(じゅじゅつ)をどう見ていたのか? ................ 修行の結果としての超能力を肯定


◎呪術獲得が目的となることを危惧

良くも悪くも呪術は時代を超えて世間の注目を集めつづけてきましたが、釈尊は呪術についてどのように見ていたのだろうか。最古層の仏典とされる「スッタニパータ」 によれば、釈尊は「わが徒は、アタルヴァ.ヴェーダ(インドの伝統的呪術方法を記した典籍)の呪法(じゅほう)と夢占い星占いを行ってはならない」 と説いている。

何ものにも煩(わずら)わされず何ものにもこだわらない悟りの世界の道を目指すのが釈尊の教えであるから出家者が現世利益を全面に押し出した呪術に手を出すのには無益にして無用であるというのが釈尊の基本姿勢であった。だからこそ、釈尊は出家者に対しては呪術は真実の修行に関係ないという態度を崩さなかったし、出家者が生活手段として在家信者に呪術を行ったり、教えることを禁止している。それで釈尊は呪術をすべて禁止したのかといえば、そうではない。呪術が目的化することによって肝心の修行がおろそかになることを強く戒めたのである

実際、釈尊は正しい信仰心をもった者が精進努力をした結果思いもよらぬような超能力を発揮することがあると述べている。それを教誡神変(きょうかいじんぺん)というが、やがて釈尊の教えにもとづいた正しい信仰生活を送る出家者はそれだけで特別な呪力(じゅりょく)の体現者であると見られ尊崇(そんすう)されるようになった。さらには仏法僧の三宝にも現世利益の呪術的効能があると信じられてきたのである。それを説く仏典は枚挙にいとまがない。

ある町で疫病が蔓延(まんえん)したとき、釈尊の衣(ころも)を竿(さお)の先に結(ゆ)わえつけて街中を練り歩きながら、釈迦仏の名を唱えると、さしもの疫病も止んだといわれる。釈尊の衣には呪術的な力があると見られていたのである。また、突然の災難に見舞われた人間が、日ごろ崇拝していたヒンズー教の神や鬼神に救いを求めたが、一向に効果がなかった。そこで釈尊とその高弟に帰依(きえ)すると念ずると、ただちに著しい効果が現れたという。

また、ヤクシャなどのインド土着の鬼霊(きりょう)に憑依(ひょうい)されていた人間が、釈尊が到来しただけで、すっかり回復したという話などは、仏教が強力な現世利益をもたらす呪力をもっていることを意味するだけでなく、シャーマニスティックな生き神信仰、あるいは聖者信仰すら彷彿(ほうふつ)させるものがあるが、それもまた人々の仏教受容の一断面にほかならないであろう。

初期の仏教の形態を残しているといわれる現在の南伝仏教でも呪術信仰が大いに持てはやされている。それはパリッタ(護呪)として体系化されており、特定の呪文を唱えれば、それに応じた霊験(れいげん)が現れたり、奇跡的な現象が起こるとされ、熱心に信じられている。 (学研、釈迦の本参照)


追記、正しい神通力は、正しい信仰心からです。 (西洲)


次回につづく。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


法華経に関わる、こぼれ話 その9



2017 10 15

 「駿河(するが)には 過ぎたるものが ふたつあり 富士のお山と 原の白隠」
その白隠禅師も法華経により大悟されました。


※白隠(はくいん)禅師 ............1686年1月19日(貞享2年12月25日) - 1769年1月18日(明和5年12月11日) 臨済宗中興の祖にして500年にひとりと称えられた禅僧。


◎白隠禅師の悟り

法華経には何が書かれているのか、白隠禅師にまつわる有名な話がありますので、それを紹介します。白隠禅師という方は、地獄の話を聞いて、「地獄に行くのは嫌だ、どうしたら地獄に落ちずに済むか」 ということで修行された方ですが、白隠禅師も若いころ法華経を読みました。

ところが、法華経を読み終わったあと、何と言ったかと言いますと、「法華経の教えはラッキョウの実に、さも似たり。剥(む)けども剥けども、実はあらず」 と。剥いても剥いても実体はないと言ったのです。ラッキョウは、たしかにそうです。剥いても剥いても中身がありません。そのラッキョウのように、法華経も中身がない。そう白隠は言ったわけです。「法華経はありがたい、ありがたい」 とみんなが言うものだから、法華経って一体どんなものだろうと思って勉強したわけですが、「何も値打ちはない、こんなところに真実はない」 と。それで、白隠禅師、いっとき法華経を捨てました。

その後、白隠禅師がもう一度、法華経を読んでみようという気になったのは四〇歳を過ぎたころでした。時あたかも秋深まりつつあるころで、スズムシが、「リーン、リーン、リーン」 と鳴いていました。その鳴き声のなかで白隠禅師は法華経を静かに読んでいました。白隠禅師の吐く息と吸う息が、自然にスズムシの鳴き声と調和していく。白隠禅師、知らず知らずのうち法華経の世界に没入していきました。すると、突然のごとく、

「あっ!!!」 と叫んだんです。「ああ、そうか!」 と言ったその瞬間、滂沱(ぼうだ)と涙が出てきて、それからの三日三晩は涙、涙、涙で明け暮れ、いっときとして涙の途切れることがなかったと伝えられています。つまり、頭じゃない!知性じゃない!魂でわかったのです、白隠禅師は。

白隠禅師、「我、大悟徹底(たいごてってい)すること七度八度(ななたびやたび)、小悟(しょうご)徹底すること枚挙(まいきょ)に暇(いとま)なし」 と言われました。これは大悟徹底のうちの一つですが、法華経を読んで「ああっ!!!」 と思った瞬間、滂沱と涙だ出てきたのです。

なぜ、こんなに涙が出てきたのか。それは、お釈迦様が法華経を説かれたときの境地がわかったからです。もっと言いますと、お釈迦様が法華経を説かれたときと同じ境地に立って感応したから涙が止めどもなく流れてきたわけです。魂と魂の交流。もう理屈の世界ではありません

では、なぜ白隠禅師はお釈迦様と同じ境地に立って感応したのか。それは、お釈迦様は「たとえば、たとえば、たとえば、たとえば......」 とあらゆる人に対してあらゆるたとえを通して衆生を導こう仏様の真実なる世界を導こうとされました。それというのも深い慈悲の心があったからで、お釈迦様は身分の高い人から低い人にいたるまで、その人にあわせてたとえば」 で教えています。

白隠禅師は、そこに「はっ」 と気づいたわけです。「こんなにも、たとえば、たとえば、たとえば、たとえばで道を説かれたということは、それだけ大きな慈悲があったんだ」 と、それがわかったのです。理屈じゃないところでわかった。法華経を説かれたときのお釈迦様の慈悲の大いなるところに感応して、三日間、涙が出て止まらなかったのです。それ以後の白隠禅師は、本当の慈悲の心に目覚めまして、ガラッとまた大きく変わったのです。 (法華経霊力で開運する。たちばな出版参照)


追記、法華経を頭や理屈でなく、魂で読めるようになったら本物ですね。(西洲)


次回につづく。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


日蓮聖人の教え その6



2017 10 8

「法華経」の行者の祈りは必ず叶います 。



※法華経の第一人者は、何といっても日蓮聖人です。法華経に生きた日蓮聖人の教えを紹介します。


大地は指(さ)さばはずるとも、
虚空(こくう)をつなぐ者はありとも、
潮のみちひぬ事はありとも、................
法華経の行者の祈りの
かなはぬ事はあるべからず。

(祈祷抄)


訳、大地を指さして外れることがあったとしても、大空をつなぎとめる人があったとしても、満潮も干潮もなくなったとしても、法華経の行者の祈りが成就しないことは決してありません


◎祈りは必ず叶う

失意の中にある人たちに勇気を与えてきた一節です。「大地を指さして外れる」 「大空をつなぎとめる人がいる」 「潮の干潮がなくなる」 とは、いずれ不可能なことを挙げています。そのような不可能なことが実現したとしても、というのですから、絶対の確信を持って「法華経の行者の祈りが叶わないことはない」 と断言しているのです。

「法華経」 の行者とは、いうまでもなく日蓮聖人を指しています。松葉ケ谷(まつばがやつ)の法難、伊豆流罪(るざい)、小松原法難、龍口(りゅうこう)法難、(佐渡流罪)と日蓮聖人の生涯は大難の連続でした。そのたびに額に傷を受け、腕は折られ、首を切られそうになりました。そのようにして、いずれの法難も見事に乗り越え、日蓮聖人は「法華経の行者」 の生涯を全うしたのです。

さらに、日蓮聖人の門下もさまざまな苦難に直面しておりました。この手紙を与えられた最蓮房(さいれんぼう)も、病弱で、そのうえ流罪を受けた身の上でした。日蓮聖人は、自身が流罪されているのにもかかわらず、祈りは必ず叶うことを強調しています。つまり、最蓮房の病気は必ず快方に向かい、流罪を赦免(しゃめん)されることも疑いがないと断言するのです。

実際に、日蓮聖人はが、赦免されてからしばらくして最蓮房も許され、のちに畿内や甲斐(かい)の国などで活躍したと伝えられています。 (知識ゼロからの日蓮入門 渡辺宝陽著、参照)


追記、「法華経」 を信じて祈れば必ず願いは叶いますよ。(西洲)


次回につづく。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
訪問者
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR