法華経と五綱教判 (教)


中国に渡った「法華経」 は6世紀の天台智顗(てんだいちぎ)によった新たなスポットライトを浴びることになる。智顗は、釈尊の教えを時間的順序、内容、布教方法の観点から分析し、優劣を判定した。時間的順序というのは、釈尊によって経典が示された段階のことである。まず「華厳経」 が説かれ、続いて「阿含経」 「浄土経」 「般若経」 最後に「法華経」 が語られたとした。これを「五時(ごじ)の教判(きょうはん)」 という。ただし、仏教学では、実際に釈尊の口から説かれたのは「阿含経」 の一部のみとされる。

ともあれ日蓮聖人の出発点もここだったが、ぜひとも「五時の教判」 から始まる天台の教学を超越する必要があった。なぜなら、それは他の経典の教理を含んでおり、「法華経」 を唯一無上とはしていなかったからである。その意図のもとに熟慮(じゅくりょ)を重ねて完成させたのが日蓮聖人独自の「五綱の教判」 だったのだ。


2018 5 13 1

5048巻の経典から、法華経が最高経典と確信を持った日蓮聖人。



「法華経」 の絶対性を確信させた日蓮聖人の論理。


◎五綱教判(ごこうきょうはん)

................... 人間がとるべき最高の道を教えよ

弘長2年(1262)に著した「教機時国抄」(きょうきじこくしょう)で、日蓮聖人は初めてこの五綱(五義)の意味と価値を明らかにしている。仏教徒たる者は、5つのことをわきまえることが必要だというのである。

その第一にあげたのが「」(きょう)だった。原文の概略に補足的な説明を加えると、以下のようになる。

「釈迦如来の説かれた一切の経.律.論は合わせて5048巻。印度(インド)に流布(るふ)すること1000年。やがて中国に渡り始め、一切経(いっさいきょう、すべての経典)が664年に渡り終えた。すべての経典を、われわれは知ることができるのである。この一切の経のなかには小乗.大乗.権経(ごんきょう).実経(じっきょう).顕経(けんきょう).密教(みっきょう)の区別がある。これらをわきまえるべきである。この区分は、学者によってなされたのではなく、仏説より起こったものである。十方世界の一切衆生は、これを用いるべきである。これを用いないものは異教徒と知るべきである」

まず、経典の全体像の区分を紹介し、同じ仏教といってもさまざまな解釈があることを示す。

こののち、すべての人々は「法華経」 を最高のものとして選ぶべきであり、他に帰依してはならないという強い主張に展開していくのである。しかしながら、ここで主体となっているのは、理論的な説明ではなく、直感による啓示(けいじ)としかいいようがない。

ここが日蓮聖人と「法華経」 の魅力でもあり、問題点でもあるといえるだろう。
(日蓮の本、学研、その他参照)


追記、
「これを用いるべきである。これを用いないものは異教徒と知るべきである。」ここまでの強い表現は逆に怖さも感じさせます。しかもそれが「直感による啓示である」ということ。仏教についてさまざまな解釈がある中で、ハッキリとした根拠も示されず、他を受け入れない発想はなかなか理解しがたい難しさを感じます。今の世の中は頭で理解するということに重きが置かれているので「ただひたすら信じて行う」ことしかないということを実行するのには難しさも感じます。 しかし法華経を学べば学ぶほど、この謎は解き明かされてきています。 (白蓮堂)


次回につづく。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


諸経の王「法華経」の世界とは その4 (菩薩行道)


永遠の生命を通じて私たちに呼びかけを続けるお釈迦様 ...... 久遠の仏陀釈尊 ...... の声、それが「法華経」 です。現代においてもこの経典の影響の大きさには計り知れないものがあり、そのあまりにも大きな思想とその存在について、その一端をたどってみたいと思います。


2018 5 5

「妙法蓮華経」 の弘通、菩薩行道とは。




◎法華経の三大思想

宇宙の統一的真理 (一乗真実、いちじょうしんじつ)
仏の教えの永久性 (久遠実成、くおんじつじょう)
「妙法蓮華経」 の弘通 (菩薩行道、ぼさつぎょうどう)


〇菩薩行道(ぼさつぎょうどう)

※「法華経」 を弘めるための菩薩

観音菩薩、地蔵菩薩、弥勒菩薩などの「菩薩」 という称号は、われわれにも親しみやすい。修行の結果、悟りに境地に到達し、極楽の仏国土に安住できるのだが、苦しみを迷う衆生のためにあえてこの世に留まって、仏教を弘めようとしている存在とされている。

本来は、釈尊の前世時代の説話の称号だったが、大乗仏教の興隆期に拡大解釈され「法華経」 では、「一切の衆生は菩薩になる可能性を秘めている」 とされた。菩薩は、成仏が確定しているものの、「行」(ぎょう)が必要とされる。一般的な大乗仏教の認識では、布施(分け与える)、持戒(戒律を守る)、忍辱(迫害に耐える)、精進(実践する)、禅定(心を安定させる)、智慧(真理を知る)の六波羅蜜(ろくはらみつ)なのだが、「法華経」 は、ここでも画期的な解釈を見せる。六波羅蜜の行を推奨するものの、遥かに重要なのが、「この経そのものを弘めること」 だというのである。

その目的のために、4人の菩薩が経典に登場する。なかでも第一の指導者的な存在として紹介されるのが上行菩薩(じょうぎょうぼさつ)。実は、日蓮聖人が最も注目し布教の後ろ盾にしたのが、この上行菩薩なのである。

※上行菩薩の生まれ変わり= 日蓮聖人

日蓮聖人は、上行菩薩に注目して崇拝したばかりでなく「自分は上行菩薩の生まれ変わりである」 と断言した。生涯にわたり全身全霊をもって「法華経」 の流布(るふ)に努めることを決意して公言したのである。「日蓮なくば誰をか法華経の行者として仏語をたすけん」 (開目抄)というような激しい意志をも見せている。当時の仏教界では、忍性(にんしょう)、叡尊(えいそん)という真言律宗(しんごんりっしゅう)の僧が社会事業に力を入れ、「現世の菩薩」 と尊称(そんしょう)されていた。橋を架け、道を造り、病院を設け、下層階級の人々の家屋を建てるといった広範囲の活躍で、恩恵にあずかる人の数は、はかりしれなかったと記されている。

だが、日蓮聖人はそういうボランティア活動に参加することはなかった。ひたすら「法華経」 を弘めるための努力を重ねただけだった。客観的な冷めた目で見れば、どちらが民衆の日々の生活に直接の救いをもたらしたか明らかだろう。もちろん、日蓮聖人もそれは自覚していたはずである。しかしなお「法華経」 の流布のみに力を注ぐ。それが唯一にして無上の菩薩行だと固く信じきっていたからである。

※日蓮の迫害と「法華経」 との合致

「法華経」 には、この経を保つ者には究極の功徳と利益を与えられ最終的な救いがもたらされることが繰り返し述べられている。だが、具体的根拠は「難入難解で仏だけが知る」 と、はねつける。さらに「この経を弘めようとする者は迫害され圧迫されるだろう」 と他に例を見ない深刻な予言が述べられているのだ。

経典を成立させたグループが、反主流であったことが原因らしいが、日蓮聖人は、この予言にも強い関心を示した。他宗派から幾度かの激しい攻撃に遭い、生命も落としかけたのだが、その際にも、「まさしく予言どおりであり、「法華経」 の正当性を示すことにほかならない」 と力説している。

日蓮聖人は、経典に書かれていることを、まさに文字どおり真実だととらえ、「迫害や圧迫」 という釈尊の予言も、実現されてしかるべきだと考えたのである。そして、受難を身をもって体験した自分こそが日本一の法華経の行者であると確信するにいたる。
(日蓮の本、学研、その他参照)


追記、六波羅蜜は自分自身のための修行であり、法華経を弘めることは万民を救うことであるから、そちらの方が大事であるという解釈をします。この世で最上の菩薩行だといえるのですね。また、法難に合うことも「想定内」の出来事で覚悟もあったかと思います。そしてなにより強い心で乗り越えられたことは、日本一の行者であると現代の私たちもそう思います。 (白蓮堂)


次回につづく。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


諸経の王「法華経」の世界とは その3 (久遠実成)


永遠の生命を通じて私たちに呼びかけを続けるお釈迦様 ....... 久遠の仏陀釈尊 ...... の声、それが「法華経」 です。現代においてもこの経典の影響の大きさには計り知れないものがあり、そのあまりにも大きな思想とその存在について、その一端をたどってみたいと思います。


2018 4 29

仏の教えの永遠性、久遠実成とは。




◎法華経の三大思想


宇宙の統一的真理 (一乗真実、いちじょうしんじつ)
仏の教えの永久性 (久遠実成、くおんじつじょう)
「妙法蓮華経」 の弘通 (菩薩行道、ぼさつぎょうどう)

〇久遠実成(くおんじつじょう)

「法華経」 は中盤にいたると常識を覆(くつがえ)す驚くべきことを語り始める。歴史上の釈尊の軌跡(きせき)を、ある意味で‘否定’ してしまうのである。釈尊は紀元前5世紀ころに生誕(せいたん)し、29歳で出家、さまざまな修行の末、35歳で「悟り」 に到達したとされてきた。しかし、そうした過程はあくまで‘仮の姿’ だったというのである。

「法華経」 の真髄(しんずい)である第十六.如来寿量品の釈尊は、こう話しだす。「私は悟りを開いてから今日にいたるまではかり知れないほどの歳月を生きている分別を遥かに超えた無量無辺(むりょうむへん)久遠の過去に仏となり過去現在未来にわたって永遠に人々を教化し続けているのです」 ...............

紀元前後の大乗仏教の成立期にあってさえ、過去の尊氏となっていた釈尊が、突然、現在のものとなってしまったのである。そして、未来にも永遠の生命を保ちながら教え導くという ............ 。まさに価値観の驚異的な変化なのだが、こうした動きにより、大乗仏教は釈尊の直接的教化による一般庶民の救済という新たな側面を持ち始めたのである。

※民衆を救済するための仮の姿

いかにもインド的な時空を超越した独特の宇宙観ともいえるが、この‘久遠仏’ は急に創出(そうしゅつ)されたものではない。釈尊が入滅したのちまもなく、釈尊をどう位置づけるべきであるかという論議が巻き起こった。釈尊自身は自らの生命の終焉(しゅうえん)に臨んで弟子たちにいい残した。「私が亡(な)きあとは、大宇宙の真理(法)と自分の心を、ともに灯(あか)りとしなさい」 しかし、弟子たちにとっては、亡くなった釈尊自身が大宇宙の真理だった。追慕(ついぼ)の念はつのる一方で、まもなく遺物(いぶつ)や遺跡への崇拝が始まる。それとともに、釈尊の肉体は滅びたが、本身は滅びないという考え方が発生した。さらに本来は永遠なる存在だったが、民衆を救済するためにこの世に姿を現したという考えに発展していくのである。

宗教における教祖へのこうした位置づけは普遍的なことであり、イエス.キリストの「復活再降臨」 への信仰も、その代表的なものといえるだろう。時間への概念に永遠性と神秘性を持たせることが顕著(けんちょ)なインド的想像力においては、さらに容易な展開だったのかもしれない。やがて仏身論は、より複雑な様相を呈(てい)し、法身(ほっしん).報身(ほうじん).応身(おうじん)の三身(さんじん)論が出現する。法身とは宇宙にあまねく存在する無始無終(むしむしゅう)の仏、報身とは請願と修行によって仏となった有始無終(うしむしゅ)の仏、応身とは悟りと入滅を持った有始有終(うしうしゅう)の仏である。

こした区分では、釈尊は応身の仏とされる。われわれと同じ体を持ってこの世に生を享(う)け、修行し、悟りを得るにいたったのだから ............... 。 ところが「法華経」 は、この三身を一体として、釈尊こそ永遠の生命を持った存在だと定義したのである。

※「法華経」 に見出す運命的な救済論

「法華経」 が説く「久遠の仏があって、過去も現在もこの世にあり、さらに未来の果てまでも無上の教えを説く」 という教えは、一般民衆の立場からも理解しやすい。逆にいえば、一般民衆の潜在(せんざい)的な支持や欲求が、ある程度、その出現に力を及ぼしたのかもしれない。残念ながら、インド本国では信奉者はあったものの、大きな潮流(ちょうりゅう)とはなり得ず、まもなく仏教そのものも衰退していく。

しかし、中国へそして日本へと渡って(はな)開いた法華信仰は、救済という現世利益から庶民の間に浸透(しんとう)して、強い支持を得ていくことになる。

日蓮聖人は「法華経」 の優位性と絶対性を発見し運命的な民衆救済を「法華経」 の中から見出したのではないだろうか。
(日蓮の本、学研、その他参照)


追記、「自灯明法灯明」という言葉を聞かれたことがあるかもしれません。
それは、お釈迦さまがなくなるまえにお弟子さん達におっしゃったこと、「自分自身と法(教え)をよりどころとしていきなさい」ということですね。お釈迦さまという存在がなくなっても、受け継がれた教えは滅び流ことがないということですね。


次回につづく。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。“縁起を見るものは法を見る法を見るものは私を見る”(ゴータマ.ブッダ)この世で起こっていることは、全て因果の法則からなのです。あなたの存在、家族の存在、今の苦しみや障害も、前世からの因果の法則です。そのためにも、少しでも多くの人々に真実(宇宙の真理.法則)を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
訪問者
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR