法華経に関わる、こぼれ話 その6



2017 8 6

法華経により煩悩不浄の体を捨てて、清浄微妙なる身を得ることを喜びという。


※今昔物語集(こんじゃくものがたりしゅう)は、平安時代末期の十二世紀初頭に成立した説話集である。1059話からなる大部の書物であり、インド、中国、日本の三国に分けて説話が記載されている。そのうちの89話に「法華経」霊験譚(れいげんたん)がおさめられている。今回、紹介するのは巻第十二の第四〇話です。


◎今は昔、奈良県吉野の薊岳(あざみのたけ)という所に良算(ろうざん)持経者という上人がいた。上人は東国の生まれで、出家してからは穀物と塩を断ってもっぱら山菜や木の葉を食し法華経を信奉するようになってからは、他の行をやめて日夜に法華経のみを読誦し、つねに深い山の中に住み里に出ることはなかった。

上人はつねにこう思っていた。「この身は水の泡の如く命は朝露の如きものさればこの世のことを思い煩わず後世のために勤めよう

老いを迎えたとき故郷を捨てて吉野の金峰山(きんぶせん)に参詣し、薊岳に草庵を結ぶと、そこに籠もって法華経を読誦した。初めのうち山の鬼神たちは上人を惑わそうと邪魔をしていたが、上人が怖れることなく一心に法華経を読誦していると、やがて読経を聞くことを尊ぶようになり供養のために木の実草の実を持って来るようになったさらには熊や狐や毒蛇までもが集まって来た

また美しい衣服をまとった端正な容姿の女人が時々あらわれ、上人のまわりを回りながら礼拝して帰っていくのを幻のように見ることがあった。これは天女ではないかと上人は思った。

上人は山に住む人が食物を与えてくれても喜ばず、人がやって来て話しかけても答えず、ひたすらお経を読んでいた。眠っているときも眠りながら読経する声が聞こえていた。このようにして十余年が過ぎ、命終のときを迎えた。そのとき上人は血色がきわめて良く、笑みを含んでいた。それを見た人が問うて言った。

「上人、何故そんなうれしそうな顔をしているのです」

長年の貧乏の身が栄華を得て官位をいただくことになったどうして喜ばずにおられよう

この言葉を聞いたその人は、上人は狂気に陥ったのではないかと思った。

「栄華や官位の喜びというのは何のことです」

煩悩不浄の体を捨てて清浄微妙なる身を得ることを喜びというのだ

そう言って上人は入滅した。


追記、う~ん。私はまだまだ修行が足りません ( ;∀;) 西洲。



次回につづく。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


日蓮聖人の教え その2



2017 7 30

信じるということは、非常に難しい修行です。



※法華経の第一人者は、何といっても日蓮聖人です。法華経に生きた日蓮聖人の教えを紹介します。


夫(そ)れ仏道に入る根本は
信をもって本(もと)とす。

(法華題目抄)


訳、そもそも、仏の教えを学ぼうと思ったたら、「信じる」 ことが根本となります。


◎仏道を信ずる」とは?

宗教は例外なく「」からスタートします。「信じるということは難しく、人を信じて裏切られた経験をされた方も多いことでしょう。「信」には、「真実」「任せる」「明らかにする」「信仰」などの意味があります。

「信をもって根本にする」ことの意味には深いものがあり、単に「お任せします」という姿勢ではありません。「仏道とは宇宙と人生の真実.真理を明らかにする道である」ことを確信し真実.真理をどこまでも究明していく姿勢が伴わなければなりません

そのためには「清らかな心」が必要条件です。「嘘か真(まこと)かわからないが、ともかく話に乗ってみよう」などという浅はかな姿勢では、だまされるのがオチといえます。釈尊の究極の境地を信頼しそれを目指してどこまでも真摯(しんし)に進んでいくことが求められます。 (知識ゼロからの日蓮入門 渡辺宝陽著、参照)


追記、仏道に、依頼心、欲望を持っての「信」では、間違った道に進んでしまいます。釈尊の究極の境地を信頼して、私たちも進みましょう。 (西洲)


次回につづく。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


法華経の守護神 その3(八大龍王)



2017 7 23

絶大なパワーを持つ龍神たち。八大龍王はしっかりと法華経の行者を守護します!


※仏教の経典の中でも「法華経」は最上最勝のものといわれ、仏、菩薩をはじめ天部の神々は、「法華経」を護持(ごじ)する者を必ず守るものであり、また守らなくてはならないという定めがある。というのは、「法華経」が説かれた霊山会(りょうぜんえ)において、十方(じっぽう)、三世(さんぜ)の諸仏、菩薩、諸天が「法華経」の行者を守護する誓いを立てているためです

◎八大龍王(はちだいりゅうおう) ..................... 地底界を統治する聖なる蛇神たち

※法華経の会座(えざ)に列した八龍王

八大龍王は「観音経」でおなじみの天龍八部衆の一つで、「法華経」守護の神として有名です。もっとも、インドにおける龍というのは、中国の龍とは違っている。実は、サンスクリット語の「ナーガ」を漢訳するにあたって「龍」と訳したのであるが、インドにおいてナーガというのは、頸部(けいぶ)に頭巾(ずきん)状のふくらみを持つ蛇、つまりコブラのことである。ナーガ族つまり蛇族は、様々の魔族(まぞく)が住むパータラという地底界の第七の世界に居住しており、それを統治しているのが八大龍王なのだ。龍王たちは、非常に強大な力を持ち、頭につけた宝石の輝きでパータラ全域を照らすのだという。

「法華経」序品(じょほん)には、法華経説法の会座(えざ)にこの八大龍王が参列したことが記され、その名が挙げられている。
難陀(なんだ)龍王、跋難陀(ばつなんだ)龍王、娑伽羅(しゃから)龍王、和修吉(わしゅきつ)龍王、徳叉迦(とくしゃか)龍王、阿那婆達多(あなばだった)龍王、摩那斯(まなし)龍王、優鉢羅(うはつら)龍王の八龍王である。

難陀(なんだ)龍王は.......... 歓喜(かんぎ)と訳され、護法龍神の代表格である。

跋難陀(ばつなんだ)龍王は....... 亜歓喜(あかんぎ)と訳される難陀龍王の弟。

娑伽羅(しゃから)龍王は........ 海(かい)と訳され、請雨法(しょううほう)の本尊とされており、有名な「法華経」提婆達多品(だいばだったほん)に出てくる8歳の龍女がこの龍王の娘である。

和修吉(わしゅきつ)龍王は.......... 多頭(たず)と訳される。いわゆる九頭龍(くずりゅう)のこと。

徳叉迦(とくしゃか)龍王は.......... 多舌(たぜつ)、現毒(げんどく)などと訳され、この怒りをかい、睨(にら)みつけられると、たちまち命を失うという。

阿那婆達多(あなばだった)龍王は....... 無熱悩(むねつのう)と訳され、雪山頂(せつざんちょう)の池に住み、四大河を創出して人間界をうるおすという。

摩那斯(まなし)龍王は ........ 大意(だいい)、大力(だいりき)などと訳され、威徳(いとく)のある龍王とされる。

優鉢羅(うはつら)龍王は ..... 青蓮花(しょうれんげ)と訳され、青蓮華池に住むといわれている。

ちなみに、かつて日蓮聖人が沼津で八大龍王の感応(かんのう)供養を受けた縁で、妙海寺(みょうかいじ)という寺ができたとされている。


追記、和修吉(わしゅきつ)龍王(九頭龍)は、箱根の芦ノ湖に住まわれ国家安泰や日本経済を守護する龍神として絶大なパワーを持たれています。他の龍王たちも、法華経の行者には、万全の守護をしていただけます。 (西洲)


次回につづく。


法華経の入手の仕方や方法は

※くわしくは、白蓮堂のホームページをご覧ください(^_^)v
 
↓↓

↓↓

法華経と共に! 白蓮堂 
http://www3.hp-ez.com/hp/magokoro18
 


プロフィール

白蓮の香り

Author:白蓮の香り
白蓮堂のブログにご訪問ありがとうございます。神界、霊界、人間界(魂.心.肉体)は綿密に繋がっています。少しでも多くの人々に真実を知っていただきたく思い仏教の中での最高峰の経典、「法華経」をご紹介させていただきます。私(渡辺西洲)が勧める¨本物の法華経¨と出遭えたなら、あなたに、奇跡が起きます! 一人でも多くの人にご縁がありますように ....... (合掌)

カテゴリ
最新記事
訪問者
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ランキング
ことわざ
Powered by www.seiku.net
白蓮堂からのことば!
仏像
今日の時事英語
トライしてみて!
誕生日占い
相性占い!
QRコード
QR